おそ松22-4
今期、殆どアニメの感想記事を書いてない。(汗
というわけで今月はちょっと頑張ってみようと思います。
まずは「おそ松さん」から


おそ松13-3
まぁ、全話取り上げると大変なので個人的に好きなエピソードを中心に(2クール目のみからのチョイスです)

・連続テレビドラマ・実松さん

これの脚本を書いた人はサラリーマンという職業に何かトラウマでもあるのか。(笑
こういうのを見るとブラック企業や社畜………というかサラリーマンという職業に対して「なりたくないなぁ」という想いが募るよね。(汗
まぁ、殆どの社会人がニートになりたくなければ仕方なくてもならなきゃいけないんだけどw


オチが「がっこうぐらし!」チックだったなぁ
しかし、実松さんを見ると「がっこうぐらし!」がメインキャラを美少女にする事でホラー要素を抑えていたのかもなぁ(別の意味での恐怖はあったけど)
オッサンがああいう幻覚を見ているのを傍から見ればトラウマになるわwww



・チョロ松ライジング

おそ松19-2
チョロ松、面倒臭い人間だなぁ……w 六つ子の中では一番、現実にいそうなタイプの人間って感じがする。 人間臭いというか
まぁ、面倒臭くはあるけど、個人的には「おそ松よりはマシ」だとは思ってる。
個人的に

カラ松、トッティ>ライジングチョロシコスキー>十四松、一松>>>おそ松

ぐらいでマトモだと思ってます。

おそ松22-2
カラ松は2話とかを見る限り、カッコつけなければ割とマトモな思考を持っている感じだし、トッティも六つ子と絡まなければ社会に適応できてるし

おそ松はこの後の合コン回を見る限り、一番アカン奴だよね。 お金もパチンコや競馬で勝手に溶かしてしまうし(笑
十四松と一松は行動が読めなくて、怖いし


 

・神松
おそ松21-1
神松を見て、更生どころか殺意が沸く六つ子の安定のクズっぷりに笑ったw
基本、このアニメは六つ子のクズっぷりに笑うアニメだけど流石にこのエピソードの素行にはドン引きだよwww


おそ松21-3
しかもオチも適当だしw
7月に発売されるらしい小説か円盤の特典でこの辺りの出来事について詳細に描かれてほしいけどワンチャンないかなぁ


希望の星、トド松


おそ松22-3
トッティ、策略家のイメージが強いけど六つ子がいなくても合コンではダメな人になるのか………
コミュ力高いんだから、巧みな話術を使えば誰かしらくっ付いてくれる女性はいると思うんだけど(スタバァ回も六つ子さえいなければ上手くいってたんだし)


おそ松22-1
あと女装トド松が無駄にクオリティが笑ったw


今回はこんな所か。
多分、あと2~4話ぐらいだと思うんだけど続編はあるのかなぁ
円盤はかなり売れたようだし2期には十分期待できると思うけど


※皆さんからのコメントもお待ちしています。
新規の人もお気軽にコメントを残してくれると嬉しいです!!