1466768208036
今回はついに明日の深夜、最終回を迎える「ハイスクール・フリート -はいふり-」の小説&アンソロジーコミックの感想を
昨日買ってきて、今日の間に急ピッチで読んだのですが中々楽しめました。


はいふり11-13
はいふりの最終回、楽しみだなぁ
果たしてどんな感動的なラストを迎えるのか……

1466768188100
まずは小説「ハイスクール・フリート いんたーばるっ」から
本編の前日談および1話~8話の間に起きた日常エピソードを取り扱う内容
こちらは主人公が副長であるシロちゃんとなっております。
そしてその関係上、クロちゃんやマロンちゃんも目立つ内容となっております。(勿論、艦長とかの出番があります)

ここからは各エピソードの感想を 


・遥かなる武蔵

シロちゃんとクロちゃんの出会いも詳細に描かれています。
ここでも武蔵と比叡、間違えられるのかよw
艦これをやっていると武蔵と比叡が似ているとは思えないんだけど、実物はそんなに似てるんですかね?


・晴風で本当にあった怖い話
怪談話 
地味にシロちゃんの部屋がぬいぐるみばかりだった理由が明らかになるエピソードである。

 

・ガントリーキャッチャー
1466768243995
ましろだけでなく、鈴とレオ(ウルトラマンでもジュウオウジャーでもない)もメインとなっているエピソード
あの2人って仲良かったんだなぁw 本編では絡みがなかったと思うけど
このエピソードに限らず、今小説はクロちゃんのシロちゃんに対する執着っぷりがストーカーレベルになってて怖い。

水鉄砲合戦の回ではシロちゃんの胸のサイズまで把握してるし、この人怖い。(汗

・半舷上陸の日
シロちゃんと万里小路さんというかなり異色コンビが主軸のエピソード
万里小路さんの聖人っぷりが半端ない。
時系列が4話~5話の間の話らしいので、このエピソードからココちゃんとミーナの漫才コンビが出てきます。
ミーナは一応、インターバル2話のラストにも出てるけどね。


・仁義なき水鉄砲戦争
水鉄砲合戦回
作者曰く、6~8話辺りのエピソードらしいけど、6話の時は明乃とシロちゃんがこじれているから含まれないだろw
撃て撃て魂を持つメイちゃんやこの手の戦いが得意そうなヒカリちゃん、9話で異様に水鉄砲が強かったマッチが最後の方まで残らず、中盤までにやられていたのは意外でした。


・猫なんて大嫌い
1466768260851
6話以前のシロちゃんが猫が苦手だった理由が語られるエピソード
悲しい話かと思ったが……「はいふり」は(RAT以外の)動物にも優しい番組で良かった。(笑
そしてこのエピソードで艦長に殺意を抱いていたシロちゃんが11話で「アナタのマヨネーズになる!」宣言までしたのを考えると結構、感慨深いw

 

 

1466767950233
続いて「ハイスクール・フリート アンソロジーコミック」
あんまりアンソロジーコミックって買わない(前に買った「けいおん!」のアンソロジーは個人的に好みじゃない絵柄ばかりで萎えてしまった)んだけど、勢いで買ってしまった。(汗
まぁ、「がっこうぐらし! アンソロジーコミック 極」とかは面白かったから、一概にダメとは言えないんだけど

 

1466768022892
・明石、間宮の艦長が出てくる。
・タマちゃんとメイちゃんがコンビで行動している。
・ミーナとココちゃんの絡みがない。

という事を考えると、恐らくこのアンソロジーコミックを描いた人達は4話までの内容(+コミックアライブの漫画の内容)だけで描いた事になるんだろうね。
キャラの性格や個性とかも把握し切れない状況の中、約1ヵ月半~2か月でコミックを完成させるってかなり大変だったのでは………w
正直、アニメ本編が終わって少し経ってから制作に入った方が良かったと思うんだけど第2弾あるんですかね?


1466768143212
4話までの内容をベースに書いている為か、メインキャラとして扱われるのが明乃&シロちゃん、コミック版でメイン格だったマロン&クロちゃん組、そして序盤からキャラが凄く立っていたココちゃん辺りが主役のエピソードが多かったなぁ、と
後は鈴ちゃんや五十六、杵崎姉妹辺りがそこそこ目立ってたと思う。(前者2人はメイン回あるし)
逆に3話から本格登場だったミーナの出番は少なかったなぁ 唯一の外人キャラだからもっとメインとして扱われると思ったんだけど

 

1466768120777
肝心の漫画の内容ですが、シリアスは皆無であり基本日常エピソードなのでシリアス嫌いな人にも安心の出来
ココちゃんの胸が(少なくとも艦橋組の中では)一番大きいとアンソロジーでは言われてたけど公式設定でそういう設定あったっけ?w


1466768079367
というわけではいふり小説&アンソロジーの感想でした。
「ハイスクール・フリート」は濃いキャラが多く出揃っている作品なのでコミカライズ版のように色々なキャラの視点でエピソードが語られる作品が増えてくれれば嬉しいんだけどなぁ
まぁ、「いんたーばる」はましろメインであるものの、割と色々なキャラにスポットが当たってたから満足なクオリティですが




そして前述したように次回はついに最終回!!
予告のBGMや雰囲気が今までと打って変わって不穏な感じとなってますが果たしてどうなる………!?
非常に楽しみです。


※皆さんからのコメントもお待ちしています。
初めてこのブログを見た人も気軽にコメントを残してくれると嬉しいです!!