ウルトラマンオーブ 第1話「夕陽の風来坊」考察・レビュー



オーブ1-1
本日は「ウルトラマンオーブ」の感想を
2クールだけとはいえ、ついにメビウス以来、ついに番組タイトルがウルトラマンの名前になりましたね。

感想としては「今の所、賑やかし要員としての側面が強いSSPのキャラを好きになれるかどうか」で賛否が分かれそうだなー、と(Twitterとかでもそんな感じでしたし)
「一般人視点が多いウルトラマン」というコンセプトらしいけど今後、SSPがどういう活躍をするかが気になる所
「仮面ライダーゴースト」におけるアカリや御成らぐらいには頑張ってほしい所ですね。
「仮面ライダーW」の亜樹子とかもそうでしたが、こういうやかましいタイプのキャラは徐々に魅力が出るタイプだと思うので魅力が出るのを気長に待とう。(笑

オーブ1-12
オーブ1-26
OPは水木一郎さんが歌っているけど、思ったよりも爽やかな印象を受けますね。
エックスはスタイリッシュというかSF要素があるからか、お遊び回があるとはいえ結構お堅い感じがあったけどオーブは結構コメディ寄りというかハイテンションな作風になりそうですね。
平成2期ライダーみたいな作風になるのだろうか?


オーブ1-68


そして怪獣の影絵も復活!!
いずれメビウスみたいに後半、影絵が動いたりするんですかね?

オーブ1-47
本編の話
冒頭からオーブとマガゼットンの戦闘シーン
マガゼットンはゼットンの着ぐるみをCG加工したのかな?

 

オーブ1-51
基本、一般人視点(SSP)が中心なのが新鮮ですね。
無印ギンガは主人公視点なのでちょっと違いますし
毎回登場するらしい、歴代シリーズ作品のサブタイをもじったセリフですが、第1話はウルトラQの「鳥を見た」でしたね。
割とマイナーな選抜で驚いた。(汗


オーブ1-69



今作の主人公であるクレナイ・ガイ
ウルトラマンは普通寒さに弱いはずなのに零下20℃にも対応できているというのは伏線だったりするのだろうか?
「ジャグラスジャグラーやオーブリングは『ウルトラマンオーブ』と言っているけどそれはあくまで便宜上で実際は別の類である」とか?
それともオーブが寒さにもある程度、対応できる特殊なウルトラマンなのかな?


オーブ1-21
エックスの場合、最初から「怪獣という脅威」を特撮でドドンと見せるのが中心なのに対し、オーブの場合はまずは「災害・脅威」があってそれが「怪獣である」ことをSSPやガイが突き止める形になってるんですかね?
去年のデマーガと比べるとマガバッサーの出番、少なかったし(というか戦闘シーンが大分短く感じた)
ガイの登場シーンが最低限なのは中の人の都合なのだろうか?w(結構、キャリアが長い人だし)


オーブ1-44
ライバル的な存在であるジャグラスジャグラー
無印ギンガにおけるジャンナイン以来、久々に「ラスボスとは違う主役ヒーローと因縁のある敵」になるんでしょうね。
いずれ味方になるのだろうか?


オーブ1-20
登場、ウルトラマンオーブ スペシウムゼペリオン
バランスが取れた形態で光線技が多彩な形態らしいですね。
いずれアタック光線やハンドスラッシュ、ウルトラヒートハッグみたいな技も使ってくれるのだろうか?

 

オーブ1-58
オーブ1-57
八つ裂き光輪の二度投げは面白い魅せ方でしたね。
エックスの映画でも盾代わりに使ってたし、田口監督は八つ裂き光輪の魅せ方に定評がありますね。

 

オーブ1-36
カラータイマーが鳴るとフュージョンアップしているウルトラマンが飛び出る演出、軽くホラーなのですが(汗
ギギやグリーザを思い出すなー

 

オーブ1-34
オーブ1-59
そして必殺技はスペリオン光線
オーブは必殺技は叫ぶけど、ゼロ(タイガ変身時)以降、定番だった「変身中も変身者の様子が映る演出」が廃止されているのかー 人間と融合しているタイプじゃないからかもしれませんが
でも、それだと戦闘中のタイプチェンジはどうするんだろ? 普通にバンクを使わないでティガ~ゼロ(マックス除く)のように一定のポージングを取ればチェンジできるのだろうか?



オーブ1-3



冒頭から持ってるウルトラマンとティガのカードを除けば、最初に手に入れたカードがメビウスなのは新旧ウルトラマンのバトンタッチの意味合いもありそうですね。
ゼロ~エックスはあくまで「列伝の1コーナー」扱いだし

 


オーブ1-37


というわけで「ウルトラマンオーブ」の感想でした。
同じ田口監督がメイン監督だけど意図的に作風を変えている感じがしたなー
インタビューで似たような事が言われていたけど「従来のウルトラマンファンの為に作った作品」がエックスで、「新たな切り口で作りだした作品」がオーブという印象が
「予算が増えた無印ギンガ」感もあったかな


オーブ1-16
思ったけど「ウルトラマンオーブ」という作品はガイが「自分を信じられるようになる物語」なのかなー、と
過去のトラウマ(姫矢さんみたいに少女を守れなかった)で自分の力を信用できないからこそ他のウルトラマンの力を使って変身しているとかだったら合点のいく理屈だし
「世界中が君を信じてる」という歌詞もあるし、いずれ周りに促されて、SSPをはじめとした「自分を信じて待っている人間の存在」を理解し、吹っ切れたガイが自分の力のみで変身する最強形態(本来の姿)が登場するって展開だったらメチャクチャ熱いのですが!! マジでその展開をやってほしいなー

 

オーブ1-27
次回は2話目からグランドキング(正確にはマガランドキングですが)が登場
坂本監督が撮ったスーパーグランドキング・スペクターがメチャクチャ強かっただけに今回の個体はどういう風になるのか期待ですね。
何気に市街地にグランドキング系統の怪獣が出るのは初?



※皆さんからのコメントもお待ちしています。
初めてこのブログを見た人も気軽にコメントを残してくれると嬉しいです!!