ウルトラマンジード 第1話「秘密基地へようこそ」 考察・レビュー


ジード1-2
ついにウルトラマンジードがスタート!!
シリーズ構成も音楽担当も変更しましたが、監督陣は定番のメンバーという事で新鮮さと安定感が上手くマッチした1話となってましたね。


ジード1-3
今回、全体的に良い意味で坂本監督っぽさが無かった気がするけど、次回は多くなるのかな?
ナパームも生身アクションも無かったし

ジード1-1
本編の話
OPでやたらキングが目立っていたけど今後の本編にも絡んでくるんですかね?
だとすると声優は誰が担当するのだろうか……


ジード1-23
クライシスインパクトの影響か分からないけど、テレビの機種などを見るにもしかしてジードの世界観は現実よりもやや文明が遅れてる?
この辺りはいずれ言及するんですかね?


ジード1-28
しかしベリアルはどうして宇宙を破壊しようと思ったのだろうか……?
ベリ銀の時も支配が目的だったし、ゼロファイトで「守るべきもの」を探しにいった事を考えるとどうもベリアルの行動とは思えない気がするのですが……
「クライシスインパクトを引き起こしたベリアルは偽物」みたいなオチになったりしないかな? それともここにきて「ガチの悪役」ポジに返り咲くんですかね?


ジード1-26
レギュラーメンバーは少ないものの今回はオーブと比べて、勢力や立場、種族が異なる人が多い感じがするので群像劇にも期待できそうですね。
リクとペガの出会いのエピソードはいずれ語られるのかな?


ジード1-11
今回の怪獣、スカルゴモラ
ゴモラ要素としては超振動破を使ってたけど、レッドキング要素はイマイチ強調しづらいからなー まぁ「怪力」が一番の特徴だから仕方ないけど


ジード1-17
そして登場、ウルトラマンジード
基本フォームに使われる辺り、ベリアルもゼロやティガと同じ位、平成ウルトラマンとしては優遇されてきたよね。
ゼロのライバルポジということで子供人気、高いんですかね?

ジード1-13
もはや定番となったウルトラマンの体内描写も久々の「本来の姿がウルトラマン」方式のキャラのせいか演出が今までと違ってましたね。 より一体感が出ている体内描写というか
クールタイムが20時間とかなり制限がキツイけど、徐々に成長して短くなっていくんですかね?


ジード1-6
というわけで期待に見合うクオリティを見せてくれたウルトラマンジード
今期の土日は強敵揃いですがジードも高クオリティを保ち続けてほしいですね。


※皆さんからのコメントもお待ちしています。
初めてこのブログを見た人も気軽にコメントを残してくれると嬉しいです!!