新ウルトラマン列伝 第129話「ウルトラマンX 22話 虹の大地」考察・レビュー




エックス22-14
本日は「ウルトラマンX」の感想を
ついにエックス完結してしまったか………
劇場版があるとはいえ、毎回楽しみに見ていただけに非常に寂しい。


とはいえ、1月以降もラボチームの面々は新規映像で登場してくれるのでそれは嬉しい限り
3月末まではこの4人が新列伝を進行していくのかな?
噂ではゼロとかも出て来るらしいですが

エックス22-5
本編の話
OPカットは列伝では珍しいですね。
凄い最終回っぽい!!(笑

 

エックス22-6
エクスラッガーについても触れていたけど、結局エクスラッガーの謎は色々残ったなぁwww
しかしエクスラッガーは母親、ゴモラのスパークドールズは父親が残してくれた物だから、大地はずっと両親の絆と共に戦ってきたって事なんでしょうね。 熱い話だなぁ


エックス22-8
グリーザ、前回みたいな特殊エフェクトはあまりなかったけど、相討ちの影響で身体の再生がやっとであの特殊能力をフル活用できなかった………という事なのかな?
まぁ、光線の威力や耐久力は相変わらずだし、その代わりに怪獣の能力を使ったりして攻撃面に極振りしている感じがしましたね。


エックス22-11
2号機、もう壊れちゃったよwww
映画まで残っていればスカイマスケッティとスペースマスケッティの共闘とかも見れたかもしれないのにw
そもそも何でXio日本支部はジオマスケッティを20話まで1機しか持ってなかったんだよ。(笑
一番、怪獣が出て来る場所のはずなのに(苦笑 
それは突っ込んではいけないんだろうけど


エックス22-10
エックス22-15
グリーザの第3形態、怪獣版仮面ライダーディケイドって感じだなぁw
タイラントやファイブキングとかと違い、取り込みさえすればどんな怪獣の能力も使えるというのが恐ろしいですよね。
イフのスパークドールズを取り込まれてたら詰んでましたねw


エックス22-16
エックス22-29
今回、使ったのはエレキング、EXレッドキング、ツルギデマーガ、EXゴモラ、ゼットン
そういえばウルトラゼロファイト第一部に出て来たバット星人グラシエにも「取り込んだ怪獣の能力を使える」という裏設定があったようですね。
多分、グリーザとは何の関係もないと思うけど(笑


エックス22-27
エックス22-30
まぁ、大地の親友であるゴモラのスパークドールズを取り込んでしまったのは誤算だったねw
力に溺れてしまったというか

エックス22-23
OP映像の1シーンもこのシーンを想定して描写されていたのかな?


エックス22-40
まさかの登場となったウルトラマンエックス ハイブリッドアーマー
ゼットンアーマー着てても、武器持てたのかw
尺の問題だろうけどグリーザみたいに色々な怪獣の能力を使ってほしかったかなぁ
もうテレビ本編で出て来る事はないだろうし
タイマーフラッシュを意識した技であるウルティメイトザナディウムを使ったりと扱い的にはグリッターティガを意識してたりする?


ドライブ47-3
ドライブ47-39
最近、どっかで見た展開だと思ったら仮面ライダードライブでのコレだったわw
小物アイテムが多い作品のヒーローが最後の最後で未使用の小物アイテムを一気に使うというのは今後、この手の番組の定番になりそうだなぁw
ゴーストとかはどうなるんだろ?
未使用の眼魂が出て来なければいいんだけど


エックス22-39
あとチェイサーマッハを思い出しますね。(苦笑 今考えるとドライブ、割とサプライズ多かったよね。(スーツの都合で無いと思われた魔進チェイサーの再登場も驚きだったし)
まぁ、新規パーツを作らずに新形態を作るとなると既存形態のニコイチになるのは当然なんだろうけど
そう考えるとわざわざ新規パーツを作ったのにも関わらず商品化させなかったシュリケンジントライドロンってかなり頑張ったんだなぁ(あれも情報がなかったから驚いたし まぁ、ライダー要素があるとはいえ、あの展開で戦隊ロボにトドメを譲ったの展開は酷すぎたが)

 

エックス22-1
何気に右の方に商品化されてないグビラのスパークドールズがあるのですがw
取り敢えずゴモラ以外の怪獣が大地に対し、自分から協力してくれたというのは大地にとっては大きな一歩だったんだろうなぁ
「怪獣との共存」がメインテーマであるウルトラマンXらしい素晴らしい〆でしたね。


エックス22-39
両親に生死が有耶無耶なのは映画への伏線なのか、「死んでいる」と明言するとは話が暗くなるからあえてぼかしたのか………
映画のあらすじを見ても回収されなさそうで怖いのですが(汗

 

エックス22-38
というわけでウルトラマンXの感想でした。
ギンガSよりもさらに話数が増え、さらに田口監督を筆頭にして強力な監督陣に恵まれた作品でしたね。
ちゃんと「特撮作品」をしていた作品でしたし
ゼロシリーズ、ギンガ、ギンガSと近年のウルトラシリーズは結構、戦隊に近いノリになりつつあったのですが、今作はそのような要素を大分、減らせて従来のウルトラシリーズに近いノリに戻ってきた感じがありましたね。
やっぱりウルトラシリーズは1話1話の方向性が違うバラエティの豊富さが一番の武器だと再認識できた作品でした。
あと間違いなく、巨大特撮作品の復活に貢献した作品だよね。
何より客演の扱いが総じて良かったのも素晴らしかったのも大きいですよね。
総括記事もいずれ書きたいけど、どうなるかなぁ

 


エックス22-13
次回は年明けにやるようですが、内容はやはり総集編
その後は何やるんだろうなぁ
ティガの49話(初代マンが出て来る回)やウルトラ10勇士の分割放送、ネクサス総集編、マックスから何かやる(宇宙化猫回をやってくれたら嬉しい ムーの同族の紹介という形でやれそうだし)とかが有力だけど


※皆さんからのコメントもお待ちしています。
新規の人もお気軽にコメントを残してくれると嬉しいです!!