新ウルトラマン列伝 第112話「ウルトラマンX 7話 星を越えた誓い」考察・レビュー
「地球人は優しいよ。でも、恐怖心の方が強いんだね。だから傷つけようとする。」



エックス7-31
今回はウルトラマンXの感想を
ベムスターアーマーが唐突に出てきたり、結構駆け足な所もありましたが、戦闘シーンやドラマの本筋は非常に面白く満足だった前後編
辻本監督、いい仕事するなぁ
相変わらず、「ウルトラマンX」はハズレがなくていいですね。


エックス7-4
あとぶっちゃけルディアンは途中で破壊されてしまうと思ってただけに、まさかトドメまで刺すとは思わなかったw
ルディアンとテル、今回でかなり株上げたなぁ

エックス7-1
本編の話
今回、本格的に戦ったガーゴルゴンですが、左右の首の使い方とかが面白かったですね。
しかし、前半のシーンは砲撃の撃ち合いが熱かったなぁ
辻本監督の本領が炸裂したって感じがする。

 

エックス7-6
エックス7-11
てっきりギンガSの時みたいにエックスがユナイトを解除して、大地だけは助かるみたいになると思ったら、普通に2人とも石になりましたね。
あと前情報通り、ガーゴルゴンは喋る事が出来る怪獣でしたね。
まぁ、思ったよりも喋らなかったがw


エックス7-9
石化したエックスの周りを飛んでいるカラスが何かシュール……
珍しい構図だなぁ


エックス7-28
南川日本支部長、前回、ゴールド星人に対しかなり高圧的(言い分は割と納得できるけど)だったから汚れ役になると思ったら、割と理解ある上司でしたね。
てっきり、すぐゴールド星人を差し出そうと動くのかと思った。
「上層部とのぶつかり合い」はギンガSでもやったから、意図的にそういう展開は避けたのかな?
エックスの世界観的に「サイバー怪獣だけでなく、人工ウルトラマンを作ろう!!」みたいなダイナっぽい展開を予想しているんだけど

 

エックス7-15
並走するジオアトス、ジオアラミス、ジオボルトス
同じ車が活躍する「仮面ライダードライブ」と比べ、トライドロンと違い、公道も走れるのがXioの車の長所だねw

 

エックス7-17エックス7-18
Xioの活躍で復活するエックス!!
でも「今度は俺達がXを助ける番だ」と言っていたけど、割と良くエックスを助けている気がするのですがw
てか、アーマー関連を含めたら、割と毎回な気がするのだが(苦笑
まぁ、エックスは「人間と共に強くなっていくウルトラマン」って感じだからそれでいいんだけど


エックス7-19
ベムスターアーマー、出て来るの唐突すぎるだろwww
恐らく、4話で回収したベムスターを元にカードを作ったんだろうけど、前振りはしておいてほしかったw
もしかしてカットされたのかな?

 

エックス7-20
今回だけじゃ分からないかもしれないけど、ベムスターアーマーの能力はあくまで吸収・反射のみで必殺技とかはないんですかね?
しかし


ゴモラアーマー:接近戦
エレキングアーマー:遠距離戦
ゼロアーマー:移動用
ベムスターアーマー:防御用


とモンスアーマーはちゃんと役割がハッキリしていますよね。
そろそろ出て来るゼットンアーマーはバランス型というか、オールラウンドに対抗できるアーマーになりそう。

あと、単純に跳ね返すんじゃなくて地面に突き刺すワンアクションがあるだけで、見栄えも随分違いますね。
いやぁ、拘りを感じる。


エックス7-21
前述したけど、トドメがルディアンというのもちょっと意外
怪獣も販促商品のメインであるウルトラマンだからこそ、出来る魅せ方ですね。

 

エックス7-30
地球人と異星人の交流回、ウルトラマンではよくあるエピソードですが、なかなか面白かったです。
テルとルディアンが最終決戦で駆けつけてくれたりとかしてくれると熱いのだが、どうなるんだろうなぁ

 

エックス7-22
ガーゴルゴンのソフビ、やっぱりデカいよなぁ
一度、遊んだことあるんだけど、足裏のライブサインにエクスデバイザーがなかなか反応しないんだよね。

 


エックス7-24
次回は総集編
公式ブログによると8話~12話の映像も使われるようなので楽しみです。