1484408876752
今回はジュウオウジャーVSニンニンジャーの感想を
感想を一言で言うと予想以上にニンニンジャー色の強い映画だった。 というより、完全に大和が振り回されてばかりの映画だったw
やっぱりニンニンジャーは序盤が微妙だったり、キャラの扱いの差が大きかったりと色々な意味で「濃い戦隊」だったからなー
中盤以降は各人キャラも立ってきて、本当に面白くなったし


ジュウオウ39-3
去年に引き続き、本当良かったなー
バトルシーンも多く、メンバー同士の掛け合いも多かったし、娯楽映画の鑑と言える映画だった。

1484408952820
本編の話
話自体はルンルンに騙されたニンニンジャーがジュウオウジャーに襲い掛かって……みたいな感じで割と春映画に近いノリだった。(まぁ、あそこまで理不尽な理由では無かったけど)
あと最後の天晴のオチが衝撃的だったw 息子と言われてすぐ信じるのは天晴らしいなぁ、とは思ってたけどそれ自体がオチの為の伏線だったとは…… 

1484409245327
全体的にノリがニンニンジャーっぽかったり、最終章を彷彿させる親子三世代のアカニンジャー集結というイベントがあったりと終始ニンニン色が強かったですがジュウオウジャーの方もニンニンジャーのテーマである「親子の繋がり」とジュウオウジャーのテーマである「命の繋がり」、そして「スーパー戦隊が繋いで来た世代を超えた繋がり」という「繋がり」という一番のテーマをちゃんと物語で生かされていて良かったです。
「親子」と「繋がり」というテーマは親和性が高かったなー


ニンニン2
バトルシーンの話ではまさかのジュウオウワイルド6・5・3、ジュウオウキング1・2・4の登場には驚き
ロボ戦に定評のある竹本昇監督が担当しているだけにシュリケンジンUFOやシノビマルの単独戦闘など、能力やギミックを生かした戦闘が熱かったですね。
等身大戦でもパオンマルやビャッコマル、パンダマルとかも出てきたし
緑のゾウ繋がりでタスクをパオンマルにさせるのは面白かったなー


ジュウオウ3
レッドファルコンその他大勢のスーパー戦隊は申し訳程度のゲスト出演
嶋大輔さん、少し前はかなり太っていたけど今は大分、痩せている感じはしましたね。
アカレンジャーが関智一ボイスで喋ると思ったけど別にそんな事は無かったw


ジュウオウ44-5
キュウレンジャーの残り4人の声優は結局喋らず
ここで発表かと思ったのに随分、引っ張るなー 


ジュウオウ1
まぁ、そんなわけで今年のVS戦隊映画も高水準のクオリティで満足
やっぱり香村脚本×竹本監督のコンビは安定感あるなー
映画のラストでは「超スーパーヒーロー大戦」の予告も(本編映像なし)
チラッとゾルダや龍騎サバイブが見えた気がするけど、まさか出てくるのか………?
初代スパヒロ大戦みたいにやられ役なのかもしれないけど
てか3月公開っぽいのに未だに映画本編の映像が無いって大丈夫なのか?(汗



※皆さんからのコメントもお待ちしています。
初めてこのブログを見た人も気軽にコメントを残してくれると嬉しいです!!