バンドリ14
昨日、ついに「BanG Dream!(バンドリ)ガールズバンドパーティ!」がサービス開始しましたね。
今回はこれも含め、最近のアニメの感想を



鷲尾4
そして「結城友奈は勇者である 鷲尾須美の章」がついに明日公開!
昼辺りに見るつもりなので見終わったら感想を書こうかと

バンドリ13
ガルパの感想ですが良い所を挙げると

・会話量が凄い
・ライブ中の掛け合いが熱い

グレン11-2
・カバー曲(配信予定含め)のチョイスが良い

例:空色デイズ(天元突破グレンラガン OP)、Butter-Fly(デジモンアドベンチャー OP) 、Don't say“lazy”(けいおん! ED) 、ETERNAL BLAZE(魔法少女リリカルなのはA's OP) 等!!

こんな感じ 特に掛け合いとカバー曲が最高に熱いですね。
同じ音ゲーであるスクフェスやデレステとも明確に差別できてると思うし カバー曲は知名度や作品人気を考えると「コネクト」や「海色」とかは来てくれそうかもしれないけどどうなる……? ラブライブ!とかは来るのだろうか?
ただライブの難易度がスクフェスと比べて高いので音ゲーが苦手な人はキツいかもしれない。

しかし、バンドリ!はアニメを除けば本当に盛り上がってるなぁw
アニメももう少し盛り上がっていれば良かったんだけど 酷評はしないけど賞賛はしづらいクオリティだし



ここからは他のアニメの感想を



・けものフレンズ
けもの10-3
今、一番波に乗っているアニメ
まさかあんなに盛り上がるとはなー 僕は1話で心が挫けたんだけど、2話~3話で一気に心が掴まされた人間なのでここまで話題になるのは予想外だった。


けもの10-2
10話はアプリ版との繋がりが示唆されたり、サーバルの涙、そしてかばんがセルリアン説など一気に話が動いて盛り上がりましたが残り2話でどう話を畳むのかなー
OPでは「獣はいても除け者はいない」、EDでは「どれだけ敵を作ろうとも僕が君の味方でいるから」と言っているけど、かばんの正体が分かってもサーバルだけは彼女を除け者にせず、一緒にいてくれるという「救いがある鬱END」みたいな感じになるのだろうか?
でも7話での火の件や10話の「海に出たい」発言が代表的ですが、サーバルとかばんもどこかすれ違っているのも怖いんだよなー 旅を通してかばんは自立して、サーバルは逆に依存していってるし
でも、流石に鬱ENDや離別ENDはけものフレンズの作風とは違う気がするからもっと救いがある終わり方になってくれるかな? うーむ気になる所



・この素晴らしい世界に祝福を!2

このすば10-1
5巻まで進むと思いきや、4巻で終わったw やっぱり尺の短さが惜しすぎる。(汗
今期も声優の演技力の高さ、そして作画は意図的に崩しながらも割と良く動いており、非常に躍動感のある作品だったかと 顔芸が暴走していたなー
3期はイベントで発表してくれるといいけどどうなんだろ


このすば10-2
まぁ、なんといってもめぐみんのメインヒロインっぷりが良かったですね。
やっぱりロリっ子&デメリットのある一撃必殺技持ちという男心をくすぐるキャラは強い。 声優も高橋李依さんで安定しているし


※皆さんからのコメントもお待ちしています。
初めてこのブログを見た人も気軽にコメントを残してくれると嬉しいです!!