ラブライブ!サンシャイン!! 1話 「輝きたい!!」考察・レビュー


ブログ40
神アニメだ、コレ―ッ!!

というわけで昨日からついにスタートした「ラブライブ!サンシャイン!!」
人気シリーズの新シリーズという事で期待と不安が入り混じった心境で見てましたが「μ'sからAqoursへの世代交代」というかμ'sが残したものがしっかり千歌に受け継がれたんだなぁという事が伝わった素晴らしい第1話だった。 ラブライブが好きで良かったですわぁ………
素晴らしい………改めて「ラブライブ!」というコンテンツの素晴らしさが分かる全く反論の余地の完璧な第1話でした。

伝説は受け継がれ、新たな物語が始動したって感じがヒシヒシと伝わった。

サンシャイン1-4







何より嬉しかったのは想像以上に「μ'sが神格化されていた部分」ですかね。
μ'sの頑張りが無駄にならなかったというか(それだけに梨子がμ'sやスクールアイドルの存在を知らないというの
は不可解ではありますが)
でも、冷静に考えると浦の星女学院の生徒も何故か反応が薄いのは気になる所
劇場版でのμ'sの知名度を考えれば、スクールアイドルに興味を持っている人間はもっと多くても可笑しくはないはずなのに………
サンシャイン!!時代のスクールアイドルの知名度がどれくらいのものなのかがイマイチ分からないのが気になるなぁ(現時点では傍から見ると千歌だけが盛り上がっているようにも見えるし)



サンシャイン1-10


本当に何故、音ノ木坂学院にに通っていた梨子はスクールアイドルについて知らないんでしょうね?
普通に考えたら「音ノ木坂高校は伝説のスクールアイドルであるμ'sによって廃校を免れている」はずで理事長も恐らく毎年、それについては言及してそうだし
そもそも入学希望者が増えたのだってスクールアイドルのお蔭なのであって、普通だったらどんなに興味が無くても知らない訳がないはずなのであって
単純に考えて「本当は知っているけど理由があってとぼけている」、「本当に何も知らない極度の世間知らず」「実は昔は不登校だった」の3択なんだけどどっちなのだろうか。
後者2つだったら色々問題すぎるだろwww でも「海の声が聞きたい」という理由で海に飛び込んでしまうぐらいの変人だから普通に有り得そうなんだよなぁ

サンシャイン1-65
サンシャイン1-66
サンシャイン1-67
OPもハイクオリティで良かったです。
花丸のヨハネに対する扱いが雑なのには笑ったw


サンシャイン1-68
サンシャイン1-69
ここで千歌の先にいるシルエットの正体はやはりμ's……?
だとしたらガッツリとした客演も夢じゃない………!? メビウスやゴーカイジャーみたいな展開を期待してもいいんですよね!?



ブログ51Twitter17

あとブログのヘッダー画像、そしてTwitterのプロフィール画像とヘッダー画像を「ウルトラマンオーブ&ラブライブ!サンシャイン!!」仕様へと変更しました。
多分、しばらくはこのバージョンで通すと思うけどどうなるかなぁ

サンシャイン1-7
本編の話
ドラマCDを聴いた頃も思ってたけど、Aqoursの面々、キャラ濃すぎるだろwww
Aqoursの面々のキャラを見た後だとμ'sのキャラって顔芸が凄い人や金持ちとかはいるけど特別濃いキャラはおらず「普通の女子高生」って感じを押し出していたのかなぁ、と錯覚してしまうw(キャラの濃さがあるからこそ今の人気があるのは事実なんだろうけど)
前作にパワー負けしないように分かりやすくキャラの味付けを濃くしている気がしたなぁ


サンシャイン1-29
事実、1年生組だけでもかなりパワーのあるキャラが多いからなぁ
凛といい、花丸といい1年生のムードメーカーキャラは語尾に何かを付けないとダメなのだろうかw
それだけにどうやって仲間になっていくかが気になる。(汗
あ、一応言っておくと僕はヨハネ推しです。

 

サンシャイン1-62
絶大なるμ's(というよりスクールアイドルが)好きである千歌
今回だけでもスクールアイドルに対する愛は伝わったので個人的にはアキバレンジャーの赤木さんみたいな感じのキャラになってほしいと思ってたり(笑
「こんな時、μ'sの穂乃果さんなら絶対諦めないはずです!! 無謀な夢でも全てが繋がるんです!!」「かつてのμ'sはたとえお客さんが1人しかいなくても最後までステージをやりきったんだよ!! 私達も頑張ろう!!」「μ'sの小泉花陽さんもルビィちゃんと同じ位、気弱だったらしいの。 でも彼女は仲間に支えられて勇気を出せた だからルビィちゃんも勇気を出そうよ!!」みたいな台詞はぜひバンバン言ってほしいなぁw
そういえばμ'sの名前は出してたけど、穂乃果達の名前は言ってなかったな………これからバンバン言っていってほしいなぁ
恐らく「私達はμ'sじゃないからそんな大それた事は出来ないよ!!」みたいな事を言う人達も出て来そうですが(3年生組がその立ち位置?)

 




頑なにスクールアイドル活動を反対するダイヤ
その割にはオリジナル曲が必要というラブライブのルールについても妙に詳しいのが気になりますね……


サンシャイン1-61
OPで3年生が意味深な表情をしているのも伏線だと思うからなぁ(かつてスクールアイドルの夢を捨てた者達なのだろうか?)
鞠莉が「2年ぶり」って言ってましたが、もしかしたら「μ'sの大ブレイクを知った現3年生3人がスクールアイドルとして学校を盛り上げていこうとしたものの何らかの問題(鞠莉が転校してしまった&当時の先輩が卒業してしまったから人数不足で部を作れなかった?)により辞めた」という過去を持ってそうな気がしますね。
という事はサンシャインの物語は「μ's解散から少なくとも2年以上後の物語」という事になりそう?
今回の3年生組はμ'sのエリーチカ以上に面倒くさそうな面子になりそう。(汗

 

サンシャイン1-14
ここで「START:DASH!!」のライブ映像を背景にしながら、千歌がスクールアイドルに対する想いを語るシーン良いなぁ
ちゃんとμ’sの残したものが千歌に伝わっているのが感じられて、映画を見てると特に感慨深い。


サンシャイン1-64
そして「諦めちゃダメなんだ」「その日は絶対来る」と「START:DASH!!」の歌詞を引用した台詞も使ってくれるのも最高に熱い!!
凄い! μ’sに対するリスペクト精神が素晴らしすぎる!!
米村(平成ライダー脚本の破壊者)に爪の垢を煎じて飲ませたいレベルのリスペクト精神だ!!w


サンシャイン1-63
余談ですが曜と梨子はいずれ千歌を巡って一波乱ありそうだなーw
ドキプリの六花とかもそうですが、基本、この手の幼馴染と転校生キャラは1回は複雑な関係になるイメージがある。(汗
これは千歌を巡っての三角関係回キマスわ―、百合厨歓喜な展開来るぞコレ

 

サンシャイン1-24
さっきまで一緒にミュージカルしてたのに即断るってハイレベルのボケ&ノリツッコミすぎませんか?(笑
梨子を仲間に引き入れるのは次回まででやってくれそうだけど、その後はどうなるのかなぁ



サンシャイン1-28
というわけで「ラブライブ!サンシャイン!!」の感想でした。
Aqours9人のキャラ立ても見事ですが、それ以上にスタッフのμ'sのリスペクトが素晴らしい!!
ゴーカイジャー、ウルトラマンメビウスもそうですが、本当理想的な過去作の魅せ方をしてくれるなぁ
これで穂乃果達が2期辺りからウルトラ兄弟みたいに本格的に千歌達に絡んでくれたら最高なのですが
海未辺りがゴーカイジャーの凱みたいに「今のスクールアイドルのリーダーはこんなもんか!!」みたいな事を言って、千歌達に稽古をつける話とかないかなぁw


メビウス1
勝手な言い分ですが僕としては「ラブライブ!サンシャイン!!」はウルトラシリーズにおける「ウルトラマンメビウス」みたいな作品になってくれる事を祈っています。
μ'sをリスペクトしつつ、、ファンを泣かせる一方で色々作風を冒険していってほしいですし
「ウルトラマンメビウス」も過去作をリスペクトしていく一方で「中盤で仲間達に正体がバレる」というこれまでにはない展開で作風を冒険してましたし、サンシャインも3年生組のドラマや海未やことりとはまた違う立ち位置(2年生の転校生キャラ)である梨子の存在などかなり前作とは違う立ち位置のキャラも多いのでそれで上手く差別化や冒険をしてほしいです。

 

サンシャイン1-38
μ'sは「廃校を救う為、そしてスクールアイドルを永遠に語り継がれるものにする為」にスクールアイドルとして活動してましたが、Aqoursは「μ'sに憧れて、自分達のμ'sのように輝く為」にスクールアイドルになりたいという違いがありますが、その目的の違いがどう作品に影響するのか……
今後の展開が凄い気になる作品である。 うわぁ、来週が楽しみだなぁ


※皆さんからのコメントもお待ちしています。
初めてこのブログを見た人も気軽にコメントを残してくれると嬉しいです!!


▽併せて読んでほしい記事