マスク1-3
今回より2015年秋アニメの感想を
まずは1日の深夜から放送された『ランス・アンド・マスクス』から
最近、存在を知って、一応録画して見てみました。
今期は本当にアニメが枯渇しているから少しでも僕と相性が良さそうなアニメはチェックしておかないといけないからねw


マスク1-6
アニメーション制作はStudio五組(「きんいろモザイク」や「結城友奈は勇者である」のアニメーション制作も担当しています)が携わっている模様
確かにコメディ描写の際の目の書き方とかが確かにStudio五組っぽい感じがする。
割と独特の絵柄な感じなので人を選びそうではあるけど(キャラのデザインが妙にロリすぎるというか)
あと、みもりん(三森すずこさん)の歌うOPが良いですね。

マスク1-5
本編の話
取り敢えず見てみたけど………

 何だろう………凄いノリが古い感じなのですが(汗
「マスクを被った主人公が正体を隠して、ヒロインらを守っていく」ってお前はどこのタキシード仮面だwww
あと一応、現代が舞台らしいけど、どこかファンタジー要素があるのが実に「城下町のダンデライオン」っぽい


マスク1-8
調べたら、真緒が小澤亜李さん、ユイファがM・A・Oさんを演じてるんですね。
完全に「がっこうぐらし!」じゃないかw
今作、声優陣はかなり豪華ですよね。 ストーリーもここから尻上がりに面白くなってくれればいいのですが………

 

マスク1-1
割とガチで今のアニメ業界って俗にいう「ハーレムもの」は余り流行らない………というか全体的に「美少女しかメインキャラにいないアニメ」の一人勝ちという印象があるんですよねw
今、深夜アニメに爆発的に人気が出ているアニメって大体、「男のメインキャラがほぼ皆無の美少女アニメ」ばかりですからね。(ニコ動の再生数とかを見る限り、そういう傾向が見えるし)
「ラブライブ!」然り、「ガールズ&パンツァー」然り、「魔法少女まどか☆マギカ」然り、ネット上で人気である「ご注文はうさぎですか?」然り、「がっこうぐらし!」然り(挙げていくとキリがないので割愛しますが)
例外だと「ソードアート・オンライン」や「月刊少女野崎くん」とかはありますが、それでも美少女アニメの方が圧倒的に強い印象がある。

 


マスク1-10
というわけで『ランス・アンド・マスクス』の感想でした。
今の所、個人的にはイマイチ乗り切れていないというのが正直な感想
うーむ、1話だけで判断するのは迂闊かもしれないが、ちょっと地雷臭がする。(笑
やっぱり直球なハーレムものや恋愛ものは食傷気味になっていると思う。
僕自身も、世間的な深夜アニメ視聴者的にも


▽併せて読んでほしい記事