1467289210639
今日は「乃木若葉は勇者である」の感想を
割と中途半端な所で終わったけど、凄い続きが気になる。
下巻は発売は1年後辺りかなー そもそもあと何話ぐらい続くんですかね?


結城4
「勇者である」シリーズは個人的にも推しアニメ・小説であり、凄い思い入れのあるシリーズなのでぜひとも「結城友奈は勇者である」には2期をやってほしいからなぁ
満開祭り2で何らかの発表がある事を期待してますが、果たして………!?

1467374507056
本編の感想
今作は「結城友奈は勇者である」「鷲尾須美は勇者である」より遥か前の物語となっております。
ゆゆゆやわすゆとは一味と二味も違うテイストで描かれており、バーテックスに対する恐怖による後遺症「天空恐怖症候群」の存在、1話早々のモブ厳等が行われております。


1467375274698
他にも10話では白骨の死体が大量に転がっている描写もあるし、結構ハードな世界観だったり
一応、うどん蕎麦戦争やうどんに無反応なバーテックスみたいなコメディパートもありますが
あと「勇者である」シリーズでは珍しく「ビルが多い市街地に立つ勇者」という描写も描かれています。


1467374527006
上巻は各キャラの掘り下げや若きリーダー勇者である若葉の成長物語が中心となってストーリーが展開
死んだ者達を想い復讐の為に戦う勇者から今を生きる人々の為に戦う勇者へとなっていく若葉
そんな乃木若葉のキャラは仮面ライダーだと照井に近いキャラと言えますね。
復讐心のみで戦い、その結果、仲間を傷つけてしまった彼女が自分達が守ってきた町の人々の姿を見たり、仲間との交流を楽しんで成長していく6話~9話辺りのエピソードは個人的にも特にオススメのエピソードなのでぜひそこは力を入れて見る事をオススメします。

1467374229022
思えば「勇者である」シリーズの勇者がたたかう理由には「勇者としてのお役目」という側面もありますが、それ以上に「自分達の『日常』を守る為に戦う」という部分も多いですから7話で仲間の大切さにようやく気付けた若葉はようやく真の勇者としてのスタートラインに立てたという事なのかもしれない。


1467374555641
そしてそんな若葉の母親ポジともいえる上里ひなた
巫女という神世紀にはいなかったポジのキャラであり、どちらかというと彼女の方が若葉の子孫である乃木園子に近いものを感じるのですが(汗
そもそも若葉はあまり結婚とかしなさそうなタイプに見えるんだけど、どういう人と結婚したのだろうか?w 立場的に政略結婚みたいな感じで結婚させられたのだろうか?(汗

 


1467289298268
謎多きムードメーカーである高嶋友奈 ここでの友奈もちゃんと友奈だったのが感動的
どんな世界でも彼女の明るさは変わらないという事は分かったけど、結城友奈との関係性についてはちゃんと明かされるのでしょうか?
今の所、考えられる説は
・ゆゆゆ最終回で意識が無くなってから取り戻すまでの期間で友奈がのわゆの時系列に意識を飛ばされて仮の身体で戦っていた。(二冊目の勇者御記でも知ってそうな素振りがあったし)
・名字は違うけど結城友奈の遠い先祖に当たる人物
・声と姿が似ているだけで全く別の人物

二冊目の勇者御記でも妙な反応してたし全く関係ないはずがないのですが果たして………

 

1467374476489
郡千景についてはとにかく両親含め、周りの人間がクズすぎる。(汗
3話までだと陰気なキャラという感じが強い彼女ですが、4話で「両親のせいで周りからイジメられたけど勇者の力のお蔭で掌返しされて存在意義を持つ事が出来、自分に自身が持つ事が出来たキャラ」という個人的には好きな境遇を持つキャラだった。(笑
現状、人に注目されまくっている若葉に対してどことなくライバル心を募らせている千景ですが、今後はどうなっていくのかなぁ………
戦う理由も「周りから認められたい」の一点だけですし、かなり不安なんだよね。
個人的には一番、報われてほしいキャラなのでぜひ救われてほしいです。

 

1467374286328
そして土居球子と伊予島杏
杏は「結城友奈は勇者である」における樹ポジですが、彼女もまた樹同様、今作の風ポジといえるタマ先輩を守る為、成長していくキャラとなっております。(7話で若葉の心を救ったのも彼女の功績が大きいですし)
完全に共依存といっていい関係である2人ですが、個人的には一番、死亡しそうな勇者ってイメージがあるんだよね。(汗
お願いなので最終回まで生存してほしい所です。 割と銀が死亡した時も精神ダメージがデカかったからなぁ
「勇者である」シリーズのメインキャラはどの子も感情移入するのが容易な良い奴(千景はちょっと捻くれてますが)ばかりなのでその分、死んだ時の喪失感が半端ないからなー



1467374591665
バトル面においては勇者としての戦い方も大分違う感じに
「結城友奈は勇者である」の時代では精霊が常在しており、それにより強力なバリアや能力を使う事が出来ましたが、今作の勇者は概念的記録にアクセスする事で精霊の力を引き出して強化できるようで(ただし反動も大きい) リスクは大きいですが、ゆゆゆよりも色々な精霊の力を借りれるっぽいのでより多様な戦い方が出来るって事なのかな?
ゆゆゆの義輝(足利義輝?)に続いて、源義経も精霊になってたけど、過去の武人の力を借りて強化する辺りに仮面ライダーゴーストっぽさを感じる。(笑

あとはバーテックスの恐ろしさが歴代以上に描かれていたのもポイント
星屑だけでも相当に恐ろしいというのはヤバいな………
仮面ライダーで言うならショッカー戦闘員1体1体が仮面ライダーとタイマンで戦えるというレベルだという事ですし


1467374200810
あと番外編ではのわゆ2話で登場した白鳥歌野が主人公である「白鳥歌野は勇者である」も記載
感想としては歌野がミノさん並に勇者として完成されすぎててヤバい(汗
勇者適正は友奈と同等かそれ以上なのでは………
「長野は最初から四国の迎撃準備が整うまでの囮」という最初から歌野達は犠牲にされる前提という大社の判断の理不尽さが酷いよなぁ………
散華について伝えない事といい、相変わらず「勇者である」シリーズの上層部キャラはロクな奴がいない。(汗
歌野も水都も短い出番ながらもキャラが立ってて、いい子だったのにこれで出番終了だったらショックだなー……

 

しかし何故、旧世紀では世間的にも知られていたはずの勇者が神世紀ではその存在は大赦以外は知らないものになっているのか……?
有り得るのは………

今後の展開で勇者達がお役目を失敗

被害が酷くなってマスゴミや一般市民の批難が殺到、勇者に文句を言ったり石を投げて来る。

誰かに存在価値を認めてもらう為に戦っていた千景辺りが暴走or引きこもりして状況が悪化

事態は解決したけど、若葉や大社はこの事件をキッカケに勇者のお役目については後世には基本隠蔽していく事になった

みたいな感じになるのかな?
メガレンジャーの終盤かな?(汗

 


1467374261367
というわけで「乃木若葉は勇者である」でした。
「勇者である」シリーズが好きな僕としては久々にこの空気感を楽しめて嬉しかったです。
のわゆは今後、ドラマCD等も決定しているので「結城友奈は勇者である」と並行して頑張ってほしい所
ぜひとも、勇者全員が報われるラストになってほしいです。
結構ピリピリした雰囲気の時も多めかつ長野勢が危なそうとはいえ「鷲尾須美は勇者である」であった「序盤で勇者1人が戦死」というハードすぎる展開が無い為か、そこまでハードとは言えないのですがここから突き落とすのかなー



※皆さんからのコメントもお待ちしています。
初めてこのブログを見た人も気軽にコメントを残してくれると嬉しいです!!


▽併せて読んでほしい記事