仮面ライダーエグゼイド 第7話「Some lie の極意!」ネタバレ考察・レビュー



エグゼイド7-8
今回は仮面ライダーエグゼイドの感想を
貴利矢が悲劇の主人公すぎる……… これは僕の好きなタイプのキャラだ。
次回、あるであろう大我の掘り下げがどうなるかは分かりませんが、現時点だとエグゼイドでは貴利矢が一番好きなキャラになりそうだなぁ(次点で飛彩)


エグゼイド7-2
ここまで来ると大我があそこまでガシャットを集め、バグスターを殲滅しようとしているのにももっと深い理由があるのかもしれない。
一番、有り得そうなのは飛彩の彼女を救えなかった事を心の底では後悔していて、だからこそ無理矢理でもガシャットを手に入れて、バグスターを全滅しようとしている、というキャラ付けになりそうですね


エグゼイド7-1
本編の話
7話にしてようやく室内でオペをする医師ライダー達w
まぁ、すぐにステージセレクトでワープしたけど


エグゼイド7-4
貴利矢、かなり不憫な設定だった。(汗
やっぱり友人を失ったのは本当の話だったんですね。
思えば大森Pの作品で「ノリが軽いキャラ」という時点でドライブにおける剛を連想させるキャラだと感づくべきだったのかもしれない。


エグゼイド7-7
登場、仮面ライダーレーザー レベル3 チャンバラバイクゲーマー
レベル2からレベル3になるのには他者の力が必要だけど、レベル1から直接レベル3になる事も出来るから、貴利矢的にはかなり嬉しい形態ですね。
レベル2からレベル3に直接変身しなければならない展開も早々、ないだろうし(レベル1に戻ってから3になればいいし)


エグゼイド7-6
敵の策略で再び嘘つき扱いされる貴利矢が悲しすぎる……
剛も家族という鎖で縛られてて、かなり可哀だったけど、貴利矢は序盤からここまで孤立させられている描写を見るとここ数年のライダーではかなり可哀想な境遇かつ現在進行形で孤立してるのが……
「真実を隠し、嘘を付く」という所にもちゃんとフォローいうか筋の通った理由があるし、これは作中でもトップクラスで人気が出るキャラになりそう。


エグゼイド7-17
貴利矢の友人は当時「ゲーム病」は認識されてなかったのに貴利矢が「不治の病ゲーム病を宣告」したことで「友人は絶望して事故死のような自殺」してしまった為、ただの「事故死」とされてた模様
説明すればいいんだけど、そもそも証拠が無い上に信用されてないのが痛すぎるな………(本人も真実を告げる事を躊躇してるし)
永夢が彼をちゃんと受け止めてくれるかが、気になる所ですが……… 1クール中に決着を付けるか、物語終盤まで引っ張るかも注目したい所です。






というわけで「仮面ライダーエグゼイド」の感想でした。
剛といい大森Pはサブライダーを不憫な扱いにして追い詰める展開好きだなーw
とはいえ、大森Pの描くこの手のキャラは何だかんだで燃える展開を用意されてるし、剛はその後、小説、ドラマCD、ドライブサーガで十分すぎるぐらい優遇されてたから貴利矢にもそっち方面で頑張ってほしいなー
とはいえ、まだ7話目で貴利矢のメンタルがボロボロになっているのは2クール目から本格登場した剛以上に苦しみそうなフラグが立ってて、可哀想なのですが(涙


エグゼイド7-13
あと、この感じだと主人公である永夢が一番キャラ立てが弱いキャラになりそうな気が………(汗
やはり「主人公=子供のお手本になるキャラ」という縛りがあるから、変にキャラを弄れないというかテンプレのお人好しキャラになるから面白味のない普遍的な人物となってしまうのだろうか?w
平成2期以降は特にその傾向が強くなった気がする。 サブライダーは戦闘面ではやや不遇だけど、ドラマ面では輝けるというか


エグゼイド7-17
次回はスナイプのレベル3が登場
飛行形態とかフーディーニ魂と同じ位、出番に恵まれない形態になりそうなんだけど(汗