2015-03-20-184954
「結城友奈達が属している部活、『勇者部』
彼女達はここの部室を拠点とし、バーテックスとの戦いに備えている」
「それはもう周知の話でしょ」
「そしてもう1人、同じように学校の部活の一環として戦う戦士がいた」


フォーゼ17
「仮面ライダーフォーゼ
かつて天ノ川高校という学校で『仮面ライダー部』を設立し、ゾディアーツと呼ばれる怪人達と戦った戦士だ」
「前に調べた事があるんだけど、このフォーゼが戦ったゾディアーツって星座がモチーフになっているのよね?
何か、バーテックスに似てるわね」
「そう………
ゆゆゆは結構、仮面ライダードライブに似てる所があるんだが、この仮面ライダーフォーゼにも似ている所があるんだよな」

「そうだ
今回はバーテックスと幹部級ゾディアーツ・ホロスコープスについて触れてみるか………」



というわけで今回は「結城友奈は勇者である」と「仮面ライダーフォーゼ」の紹介です。

フォーゼ32
仮面ライダーフォーゼ
福士蒼汰を有名にさせた今作も何だかんだで結構、前になるんだよなぁ
震災直後という事もあって基本ギャグやコミカルな演出が多めの明るめの路線が特徴的であるこの作品
坂本監督がメイン監督である為、見栄えのあるカットも多かったですよね。


フォーゼ 42-1
あの電王でさえ、その根幹が非常にシリアスだったのに対し、今作はそこまでシリアスな要素は抑え目だったかなぁ、と(後半はシリアスなエピソードも多くなりましたが)
いい意味でも悪い意味でも「今まで以上に仮面ライダーらしくない作品だなぁ」と
世界観やキャラのビジュアルとかもどちらかというとアニメ調って感じだったし
震災の後らしく子供には受けのいい作風だったかなぁ、と


フォーゼ 48-34
僕としては小説まで読んで、ようやく本当の意味で好きになれた作品かなぁ、と思っています。
フォーゼはぶっちゃけ本編だけだと色々、取りこぼした要素があったのが気に入らなかったかなぁ
「これミスリードなんですよぉwwwww」で誤魔化せる意味ありげだった弦太朗の両親や次郎の扱いとかはともかく、本編でダークネビュラ組のその後を言及しなかったのはかなりマイナスなんだよなぁ
だからこそ、小説が素晴らしい補完内容だったんだけど


フォーゼ 23-17
あと今作とオーズ辺りを皮切りにアニメ的演出が頻繁になっていった印象
時期的に明らかに震災の後に露骨なギャグ演出を取り入れて、それが未だに尾を引いていると思うんだけど、流石に露骨すぎてあんまり好きな演出じゃないんだよなぁ(子供受けは多分いいんだろうけど)
幸腹グラフィティの食事シーンもそのパターンなんだけど露骨すぎる演出は逆に冷めてしまうんだよなぁ
では、列伝を




フォーゼ 42-23
[特撮]<仮面ライダーフォーゼ>
第3話:「女・王・選・挙」
第14話:「毒・針・猛・襲」
第18話:「弦・流・対・決」
第22話:「馬・脚・一・蹴」
第23話:「白・鳥・同・盟」
第28話:「星・嵐・再・起」
第32話:「超・宇・宙・剣」
第41話:「部・活・崩・壊」
第42話:「射・手・君・臨」
最終話:「青・春・銀・河」


▽キャスト
如月弦太朗/仮面ライダーフォーゼ:福士蒼汰
歌星賢吾:高橋龍輝
城島ユウキ:清水富美加
朔田流星/仮面ライダーメテオ:吉沢亮
風城美羽:坂田梨香子
大文字隼:冨森ジャスティン
野座間友子:志保
JK:土屋シオン



[ゲーム]<結城友奈は勇者である 樹海の記憶>
▽キャスト
結城友奈:照井春佳
東郷美森、鷲尾須美:三森すずこ
犬吠埼風:内山夕実
犬吠埼樹:黒沢ともよ
三好夏凛:長妻樹里
乃木園子:花澤香菜
三ノ輪銀:花守ゆみり



[アニメ]<結城友奈は勇者である>

第二話:「ろうたけたる思い」

▽キャスト
結城友奈:照井春佳
東郷美森:三森すずこ
犬吠埼風:内山夕実
犬吠埼樹:黒沢ともよ
三好夏凛:長妻樹里

フォーゼ1
「さて最初にフォーゼが戦ったのは………」

 
フォーゼ22
フォーゼ2

「スコーピオン・ゾディアーツ
サソリの特性を持つホロスコープスであり、格闘戦を得意とする幹部怪人だったな」

 

フォーゼ3
「その毒でフォーゼやライダー部の仲間を瀕死にさせたりしたが………」

 


フォーゼ4
フォーゼ8

「ライダー部の仲間、歌星賢吾の命がけの治療によりフォーゼは復活
強化形態であるスコーピオン・ノヴァになったのはいいものの宇宙まで飛ばされて、ライダーロケット大大大ロケットドリルキックで撃破されたわね」

 

2015-04-02-140431
「さて、ゆゆゆ世界のスコーピオンはどんな奴だったっけ………」
「スコーピオン・バーテックスはパワー型
さらに、封印される際に現れる御霊は分身し、勇者を困惑させていたな」
「面倒くさいわね………」

 

結城2-8
「まぁ、コイツは犬吠埼樹がワイヤーで分身ごと、まとめて撃破したな
ゲームでも全体攻撃があったし、広範囲攻撃が出来るのが彼女の魅力だな」

 

フォーゼ11
「話を戻そう
スコーピオン・ゾディアーツは再びフォーゼの前に現れたけど、その時はもう1人の仮面ライダー、メテオにあっさり倒されたわね………」


(その後、ダークネビュラに飛ばされた後の事は言及されなかったが『小説 仮面ライダーフォーゼ ~天・高・卒・業~』で再登場
まさかの事実上の『メインヒロイン』として物語中盤から活躍してたな)
「メテオ?」
「ああ、友人を救う為、天ノ川高校に現れた交換留学生・朔田流星が変身する仮面ライダーだ」

フォーゼ21
「で、そんなメテオとライバル関係だったのがキャンサー・ゾディアーツ」
「キャンサー、蟹座か……」

 

フォーゼ15
「変身者の鬼島も含めて、2か月ぐらいしかレギュラーじゃなかった奴だけど、その独特な台詞回しで存在感を出してたな
落語家だけあって口がうまかった
フォーゼの登場キャラは結構、各人の個性が際立っていたのがいい所の1つだよな」

 

フォーゼ20
「ペガサス・ゾディアーツから転生したキャンサー・ゾディアーツは初戦ではフォーゼを圧倒
防御力はゾディアーツの中でもトップクラスかもな
初期は戦闘能力のみが高く、撤退手段も持ってなかったが………」

 

フォーゼ29
「途中からは人間の生体エネルギーをリングに変えて奪い取ったり、自力で超新星を習得したりとかなり多芸な敵になっていったな」


フォーゼ30
「だが、メテオの強化形態・メテオストームによって撃破
鬼島もダークネビュラに飛ばされてしまったな」

 

フォーゼ31
「鬼島もダークネビュラに飛ばされてからの消息は本編では説明されなかったが『小説 仮面ライダーフォーゼ ~天・高・卒・業~』ではその部分が補完されている
歌星賢吾に重要な情報を与えたりする等、小説全編に渡って活躍していたな」


2015-04-02-140431
「さて、ゆゆゆ世界のキャンサー…………キャンサー・バーテックスを見てみよう
コイツはサポートを得意としており、反射板を使ってサジタリウスの攻撃をさらに厄介なものにした影の功労者だ
まさにバーテックスの隠し玉といっていい存在だ」
「蟹座はどこの世界でも嫌な奴ばかりね………」

結城2-7
「まっ、コイツは風の女子力全開の一撃で御霊を破壊されたけどな!!
やはり、私はゆゆゆのバトルシーンでは2話と11話の奴が特に好きだな」
 

フォーゼ26
「3体目はヴァルゴ・ゾディアーツ………
コイツは結構、長く生き残っていたわね………」

フォーゼ 42-10
「コイツの変身者は………え、男!?」
「ええ、コイツの正体は江本教授
れっきとした男よ」
「へ、変態だー!?」
「そう言ってやるなよ……
乙女座になった時点でこうなるのは分かるはずだ」

 

フォーゼ24
「我望の側近の1人ともいえる奴の最大の特徴はダークネビュラを召喚能力
これで役に立たなくなった存在や邪魔な存在を消していたわね
戦闘能力も高く、フォーゼやメテオの2人がかりでも互角以上に渡り合っていた」


フォーゼ 42-5
「しかし、裏では独自で動いており我望の野望を阻止する為、『タチバナ』と名乗って朔田流星と接触・彼をメテオにして戦わせた
後半はライダー部にもタチバナとして存在を明らかにし、フォーゼがコズミックステイツになるキッカケを作っていた」

 

フォーゼ 42-12
フォーゼ 42-15
「終盤、全てを説明し、ライダー部と共にラスボスの我望を倒そうとしたが、サジタリウス、そしてその部下のレオとリブラに始末されてしまった」
「江本教授………」
「何気にフォーゼのキャラでは初のレギュラー死亡キャラだったな(ネビュラ組は死んでないし)
鎧武といい、何だかんだで大人には厳しいのが仮面ライダーらしい所だな」

 

2015-04-09-215236
「さて、こっちのヴァルゴはどうだったかな?」
「ここのヴァルゴ………ヴァルゴ・バーテックスは勇者部の前に初めて現れたバーテックス
動きは遅いけど、爆発する物体を飛ばして攻撃してくるのが特徴だな」

 

「フォーゼの世界で『強豪』って感じだったけど、こっちの世界のヴァルゴはあんまり強くないのね」
「ええ、遠距離武器は持っているけど、御霊は特に何もしないわ、動きは遅いわで、大した敵ではなかったわね」

 

結城1-11
「最後は結城友奈の勇者パンチで撃破……
弱かったわねー」

フォーゼ37
「そしてさっき言ったヴァルゴ・ゾディアーツに致命傷を与えたのがコイツ………サジタリウス・ゾディアーツだ!!」

 

フォーゼ36
「変身者の我望は1話から登場していたが、しっかり変身後の姿を見せたのは
初登場時は裏切り者のヴァルゴに致命傷を与えた後、フォーゼとメテオを終始圧倒していたな
ちなみに平成ライダーの中では珍しく最初から最後までラスボスをしていた奴でもあるからな
1話から出ているキャラでこういうのは本当珍しい(鎧武の戒斗はラスボスというか『永遠のライバル』というイメージ)」
「そうなんだ………」
「そして、その力はバーテックスでも同じであった………」

 

2015-03-20-182403
「ここの世界のサジタリウス………サジタリウス・ヴァーテックスも強豪であり、先に紹介したスコーピオンやキャンサーとの連携は非常に強力
その力は先代勇者・三ノ輪銀と相討ちさせるほどの強さで………
おのれ、バーテックスゥゥゥゥゥゥゥゥッ!!
よくも銀ちゃんヲォォォォォォォ!!」
「美沙輝!?」


結城2-2
結城2-3
「サジタリウスのクソ野郎め………!!
いっけー、東郷!!
あんなふざけた野郎なんてぶっ飛ばせ!!」
「本当に好きなキャラに関しては熱くなるわね………」
「当然だ
樹海の記憶をやった後だとより銀の事が好きになったぞ」

 

フォーゼ 48-17
「そろそろ話をフォーゼに戻さないと」
「そうするか…………」

フォーゼ 48-28
「フォーゼとの最終決戦においてはフォーゼの全ステイツを相手にしても途中までは善戦していたが…………コズミックステイツが相手では押されてしまい………」

 

フォーゼ 48-55
「え? 何これ………」
「うーむ………
何というかシュールすぎてとてもTVの最終回とは思えなかったんだよなぁ(学園ライダーであるフォーゼだからこそ出来るバトルなのかもしれないが、個人的には”最終回のネタ”としては苦手なノリだった)
正直、中盤の全ステイツ総力戦の方が展開的には熱かったし
最終回は尻すぼみだったが、メインが坂本監督だっただけにド派手なシーンとかはいい印象だな
あのデザインであそこまでカッコよく魅せたのはバトルの演出に助けられた所も多かったしな」

 


フォーゼ40
「こうして仮面ライダーフォーゼ・如月弦太朗は見事、天ノ川学園高校の、そして宇宙の平和を救った……
だが、フォーゼの活躍はこれだけではない
彼の活躍を期待してくれ!!」

(特に小説は本当に全シリーズの中でもトップクラスのクオリティなので一度、読んでみるのがオススメです) 


鎧武 36-11
「デスデスデェーッス!! キュアデストロイこと水森紗枝デェーッス!!
次回のヒーロー列伝ではこの私がライブドールの兄弟姉妹同士の激突を紹介するデース!!
次回! ヒーロー列伝!! 『悲しい戦い! 兄弟姉妹の激突!!』」
「この私、キュアヴァイスもいるわよ!!」
「私、キュアフレイムもいるよ!!」