1489222547309
今回は本日公開となった劇場版 ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします! の感想を
前作が怪獣映画だったのに対し、今作はヒーロー映画していたなぁ、と
全体を通して、どのシーンも退屈させないような工夫がされていたと思うし


エックス4-21
オリジンサーガでもダイナがストロングタイプを披露したり、ムサシがエリガルの件を踏まえた台詞やボルギルスとの絡みを見せたり、我夢のシグナビが万能装置すぎたり、アグルが久々に単独勝利したりとスタッフの歴代ウルトラマンへの愛を感じる作品となってましたが、今作もそれに負けない作品愛を感じる作品でした。
アタッカーX、出世したなー

オーブ2
キャラクターやストーリーに関する感想
SSPの3人と渋川さんのノリが凄い懐かしかったなー
今回、冒頭のギャラクトロンの下からの煽りアンクルや妙にガイらの生身アクションが多かったりとどこか坂本監督を思わせる展開や演出が多かった気がするけど気のせいかな?


オーブ9
ゲストとして大地やダンも登場
まさかデザストロのネタまで引っ張ってくるとはなー しかもゼロが言及してた辺り、まだ引っ張るらしいし(何気にスペースマスケッティも出てましたね)

オーブ27
エックスのカーナビネタは懐かしかったなー
ダンは本当に唐突な登場だったw 声だけとはいえ、ギンガやビクトリー、そして勿論ゼロも本人という全員本人という快挙も嬉しかったなー(呼びやすいキャストだったとはいえ)

TV本編では歴代戦士やジャグラーの力を借りながらも基本、1人で戦っていたガイでしたが今作はシンやジェッタにも正体がバレた事もあって本当の意味でガイとSSPが仲間になれたエピソードだったのかなぁ、と


オーブ28
あとは何といってもジャグラスジャグラーが濃かった。
魔人体の出番は殆ど無かったのは意外だったけど(頭部はアーリースタイルも同じ奴を使っているだろうから、オリジンサーガの撮影の影響なんですかね?)

ゼッパンドンに変身(しかも変身バンクつき)し、SSPに応援されるのは熱かったなぁ
オリジンサーガではウルトラマンに選ばれなかったり、不憫な役どころでしたが今作ではかなり輝いていたかと


オーブ8
バトルに関する感想
ゼロ:ゼロスラッガー、ウルティメイトイージス、ゼロツインソード(ゼロファイト1部以来だから凄い久々!)、ワイドゼロショット
ギンガ:ギンガサンダーボルト、ギンガスラッシュ(分かりづらかったけど)、ギンガスパークランス
ビクトリー:ビクトリウムスラッシュ、シェパードンセイバー
エックス:ゴモラアーマー、アタッカーX
セブン:アイスラッガー

と田口監督らしく客演勢も能力やギミックを使いまくっていたのが好印象 ギンガとビクトリーは新技も使ってたし
セブン登場の際にセブンOPに合わせてムルナウ達が「セブン!」を連呼したのは笑った。


オーブ1
オーブの方もオーブトリニティに加え、TVシリーズに登場した5形態、そして最後の最後でエメリウムスラッガーが出たりとまさに総力戦
オーブトリニティもEXレッドキングナックルやゴモラアーマーを使ったりと熱かったですね。
劇場版Xのエックスはモンスアーマーとかを使わなかったのが物足りなかっただけにこれは嬉しかったですね。
ハリケーンスラッシュはもっと見せ場あっても良かったと思うけどw


オーブ16-9
あとゼッパンドンが再登場するとはなぁ(公式HPを見てなくて良かったw)
若干、あっさりやられたのは邪な心を持っていなかった事でダークリングの力をフルに使いこなせなかったからですかね?
とはいえ、懐かしのゼッパンドンシールドとかを使ってくれたのは嬉しかったけど
あの変身バンクに出てきたパンドンはマガパンドンを改造したのかな? これはファイトオーブか次のウルトラマンで出そうな予感


敵だと奇機械宇宙人ガピヤ星人サデスと奇機械怪獣デアボリックが今回のメインの敵キャラ
ハイテンションなサデスとサイボーグ故に無機質なデアボリックでいい具合で対比になってましたね。
特にサデスは濃かったなー 今までにない悪役のタイプだったし
再生能力を持ってたし、また復活しそうな気がするけど流石にないかな? 別個体は出て来そうだけど
チョイ役だとクカラッチ星人らの今後の再登場があるのかが気になる所


1489222682556
首謀者であるムルナウは詳細な設定は語られなかったけど純粋すぎる悪役だったなー、と
思えば純粋に力を欲していたジャグラスジャグラーといい、オーブの敵キャラはこういうどこか純粋な想いを持ってた故に悪の道へ走ったキャラが多い気がする。



1489222707306
まぁ、そんなわけで劇場版ウルトラマンオーブの感想でした。
いやぁ、いい娯楽映画だった。 食われると思ってたジャグジャグも逆にゲストウルトラマンを食ってたと思うし、TV本編のキャラがゲストに負けじと存在感を出してたのが良かった。 
劇場版SAOとかも良かったけど、やっぱりオーブも強かったなー
残る映画は「鷲尾須美は勇者である」と「超スーパーヒーロー大戦」!
果たして「鷲尾須美は勇者である」はこの2つと同等かそれ以上のクオリティなのか!?
超スーパーヒーロー大戦は特に期待してない。(笑


オーブ29
最後に出てきたエメリウムスラッガーの活躍も見れますし、今後のオーブの展開も楽しみだなー
田口監督曰く「脚本の中野さんと話していた事で、オーブは実は10個のエピソードで構成されていて、皆さんは1(オリサガ)、6(本編)、7(映画)しかまだ知らない状態。残りのエピソードが皆さんの目に届けられるかどうかはこの映画の興行にかかっているのでよろしくお願いします」とのことなのでオーブの今後に期待
まぁ、次回作もあるだろうから小説での展開とかが一番有り得そうではあるけどw
なんとか残りのエピソードも消化してほしいですね。