というわけで宇宙刑事シリーズ最新作「宇宙刑事シャリバン NEXT GENERATION」の感想!の前に………
このシャイダーと共に「劇場版 仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!」のDVDも借りて来ました。

相変わらず面白い所もありますが、やはり粗の方が多いなぁ
特に最後の方、詰め込みすぎである。

あと、この映画だけ「ソーダ…!!」のSEのテンションが高い気がする。

鎧武ー1
鎧武ー2
鎧武ー3
面白かったシーンは佐野さんのサッカーでの生身アクション、ザックの「ぜってぇ許さねぇ!!」、VSマルスでの連続アームズチェンジ、最後の同時変身、EDかな。
無駄に尺を使ってた黒影トルーパーと傭兵達の対決もなぁ・・・・・・・・
間に鎧武VSバロンみたいに所々でバロンがマンゴーになったり、城乃内が初瀬のマツボックリを使ってアームズチェンジとかしてればもっと魅力的な出来になったかと思うと誠に遺憾である。

では、シャイダーの感想を



・シャイダー NEXT GENERATION 感想


シャイダー3
というわけでシャイダーNGの感想を
全体的に銀河連邦警察が無能だったなぁ、という話でしたねw
大戦Zよりは……ともいえるけど、今回も上層部の無能っぷりが酷い。
今回は完全にゴードン親子のせいで起こった事件だからなぁ
その事件にも銀河連邦警察の1人、セイギも噛んでるし、銀河連邦警察の今後が心配過ぎる。(汗

シャイダー5
ストーリーについて
ギャバンやシャリバンではクローズアップされなかった相棒との絆が描写されたのは良かった。
ただ、タミーが割と鬱陶しい性格なので彼女を好きになれるかなれないかで作品を良し悪しが人によって結構変わるかと
特に序盤はかなりウザかったからなぁw
アニーや小次郎さんも出て来るけど、伊賀電と比べると見せ場はそこまで多くない。 最後の方にも出てくればまた違ったと思うのだが


しかしギャバン映画の時の舟って「寡黙な性格」という設定のはずだったのに、今回のOVから設定が変わった(笑)のか随分、フランクなキャラになりましたよね。
ていうか「ただの伊達さん」だった気がw

ただホラーガールの正体とかは割と意外な奴で良かったです。
シャリバンもそうだけど、ミステリー要素はかなり満足
前述した通り、銀河連邦警察の無能っぷりも目立ったけど


キャラについて
だいぶ、撃と快が仲良くなってて微笑ましかったです。
大戦Zを見ていると感慨深い。


シャイダー4
バトル面は基本、生身アクションが多い上にヒーローの見せ場は前半にちょっとで後半に多く偏ってますね。(この辺りは微妙にエターナルを思い出す。 あれはあれで面白かったけど)
おそらく最後にある三大宇宙刑事の共闘に予算を割いた結果……だと思う。
あと、坂本監督になると斬撃技が衝撃波になるなぁ(笑
バビロス号も出て来たけど、シューティングフォーメーションはなし


シャイダー2
というわけでシャイダーの感想でした。
個人的にはシャリバンの方がストーリーとバトルのバランスが丁度良くて好きかなぁ
最後の3大宇宙刑事集結⇒戦闘も熱かったし
シャイダーも面白かったけど、シャリバンの方が物語の盛り上げ方と魅せ方が良かった気が
「俺、ツインテールになります」や「アキバレンジャー」とかも見てると、荒川さんはシリアスかコメディのどちらかに極端な作品を作らせると面白い作品を作ってくれる印象(クウガやゴーカイジャーとかも好きだけどね。)
今回はそのバランスが微妙に悪かったなぁ、と
シャリバンの出来が良すぎたから、尚更そう感じる。



では、今日はこの辺で