1481381075862
今回は平成ジェネレーションズの感想を
本当、冒頭3秒ぐらいで「ああ、これは坂本監督の作品だなー」と感じる映画でしたw でも本当、神映画だった。
相変わらず生身アクションが多く、メインキャラが非常にヒーローしてたり、悪役の強さも強調されてたりと「仮面ライダー愛がある」ってレベルじゃない神映画でした。


エグゼイド8-18
今作、サブライダーにもちゃんと見せ場があったのはメガマックスには無かった魅力だなぁ
アルティメイタムもそうだったし、やっぱりサブライダーの扱いに関しては坂本監督も反省したのかな?

エグゼイド8-19
映画の話
永夢に関しては今回、「最初のバグスターウイルス感染者」という驚愕の設定が明らかに
まぁ、今回はタケルが知っただけなので永夢や他のエグゼイド勢がそれを知るのはTV本編になりそうかな?
あくまで「TVシリーズの前振り」と言った感じで映画を見てなくても、「永夢が何故、適合手術を受けてないはずなのに変身できるのか?」という謎は本編でキッチリ回収しそうですね。


エグゼイド8-10
ゴースト勢は相変わらず
タケルは永夢も「先生」と呼んでるし、相変わらず後輩気質って感じだったなぁw
タケルが先輩ライダーらしくなるのは何時になるのだろうか?(苦笑
それにしても、変身能力を失ったタケルが、いつものBGMを背景になんか良いこと言ったらいきなり変身能力を取り戻すところとかは実に「仮面ライダーゴースト」って感じでしたね。
まぁ、シーン自体はBGMのカッコよさや西銘さんの名演もあって凄い良かったんだけどw
あと、「相手に触れると記憶を読み取る力」って生き返った時に消滅したと勝手に解釈していたけど、別にそんな事なかったんですね。(笑





サブライダー陣営では飛彩、大我、貴利矢も割と仲良く共闘(社長はゲンムとしての出番は無し)
特に貴利矢は登場シーンといい、生身アクションといい、出番が少ないながらも印象的な活躍をしてましたね。
あと、大我が剣を使ったアクションをするのはこれで最初で最後になりそうだなー
マコト兄ちゃんとアランは出番は少ないながらも中盤は変身できないタケルの代わりに大活躍
この2人、眼魔世界にいるはずなのに、どうやって危機を察知したんだろ?w
見えない所で仙人辺りが根回ししてくれてたんですかね?


エグゼイド8-12
レジェンドライダーの話
割と早い段階で進ノ介が絡んできたのが驚きでしたw しかも「敵の足取りを掴むために警察官である進ノ介を頼る」という自然な流れでしたし
てか、TV本編では謹慎で動けなくなったりと警察設定が足枷になっていたりしていただけに今までで一番、警察官決定が有効活用されていた気がする。(苦笑
メガマックスの時のダブル勢といい、坂本監督、ファンサービスが良すぎるw
今作は変身が出来ない哀愁を漂わせるシーンもあったりとシナリオ面でも印象的な出番が
霧子と電話で連絡を取ったり、何気にマッハ&ハートより前である事も作品内で描写されたりしてましたね。


鎧武の声はやっぱりライブラリの奴を使用したんですかね?
顔出ししてないので、出番が少ないものの、進ノ介の為にベルトさんを持ってきたりと中々の活躍
ベルトさんの復活はそんな力技でいいのかよw まぁ、神様である紘汰だからこそ、納得のいく理屈でもあるんだけど
本当に佐野岳さんが出て来ないのが残念すぎる。(汗


エグゼイド8-13
晴人は敵組織に加わるフリをするというかつて特別篇でディケイドがやっていた戦法のリスペクトを披露
出番は少な目だったけど、ちゃんと先輩してましたね。


エグゼイド6
アクションやバトルシーンの感想
ウルトラ10勇士と同じく、大満足な出来だった。
今作、流石坂本監督という事で生身アクションが多く、敵の強さがかなり強調されてましたね。
やっぱり坂本監督の映画作品は敵の強敵っぷりがガッツリと描写されてて、緊迫感が出ますよね。
前述しましたが味方サイドだと貴利矢の中の人が凄い動けていたので、ぜひともTV本編でもやってほしいなぁ


エグゼイドはレベル1、レベル2、レベル3ゲキトツロボッツ、ゴーストゲーマー レベル2、ダブルアクションゲーマー レベルXXが登場
レベルXXは別人格が出てたって感じだけど「天才ゲーマー M」としての性格がより推しだされたって感じなんですかね? それともまた別の冷酷な人格なのか……
意外と二重人格設定は物語に深く関わりそうだなー


ゴーストはオレ魂、ムサシ魂、エジソン魂、闘魂ブースト、グレイトフル魂、ムゲン魂、エグゼイド魂、テンカトウイツ魂が登場
グレイトフル魂とムゲン魂とかがカマセだったのは残念だったけど、何度も変身解除されても必死に食い付こうとするタケルがカッコよかったですね。
しかし何で唐突にマコト兄ちゃんが常備してるノブナガがプッシュされたんでしょうね?w せめて父親の形見であるムサシと関連性のある形態にしてやれよwww
メジャーな偉人だからプッシュされたのかな?


エグゼイド3
ウィザードはフレイムスタイル、ウォータースタイル、ハリケーンスタイル、ランドスタイル、フレイムドラゴン、オールドラゴン、インフィニティ―スタイルを使用
オールドラゴンは本当、久々でしたね。 あと魔法(物理)だった。


エグゼイド9-1
鎧武はオレンジアームズ、パインアームズ、イチゴアームズ、バナナアームズ、ジンバーレモン、カチドキアームズ、極アームズを使用
バナナロックシードも神の力で生成したのだろうか?(苦笑


エグゼイド12
ドライブはタイプスピード(マックスフレア)、タイプワイルド(ランブルダンプ)、タイプテクニック(ロードウインター)、タイプデッドヒート、タイプフォーミュラ、タイプトライドロンを使用
ちゃんとハンドル剣やドア銃のギミックを生かした戦いだったのが良かったですね。


1481381153486
勿論、サブライダーも中盤では大活躍
スペクターがツタンカーメン魂、ノブナガ魂、フーディーニ魂、ネクロムがグリム魂、サンゾウ魂、エグゼイド勢もちゃんとレベル3を使用(レーザーはレベル2にはならず)と坂本監督の拘りにより、サブライダーにもちゃんと見せ場がありました。



エグゼイド8-6
というわけで平成ジェネレーションズの感想でした。
高橋裕也さんと坂本浩一さんが本当、期待以上の仕事をしてくれてて最高すぎた。
佐野岳さんが出れなかったのが非常に残念でしたが、そこはバトルの密度とストーリーのクオリティの高さでフォローしてて、素晴らしい作品になっていましたね。

エグゼイド7
アルティメイタム以来の坂本監督のライダー映画だったけど、最近のライダー映画はイマイチ派手さが欠けている印象だったので、坂本監督作品のド派手さは本当良かった
やはりAtoZやMEGA MAX、ウルトラ10勇士を手掛けた監督なだけはありますね。
来年は超スーパーヒーローイヤーらしいけど何をやるんだよwww


※皆さんからのコメントもお待ちしています。
初めてこのブログを見た人も気軽にコメントを残してくれると嬉しいです!!