新ウルトラマン列伝 第152話「メビウス最後の戦い!皇帝の降臨」考察・レビュー



新列伝152-25
今回は新ウルトラマン列伝の感想を
ついにメビウス最終三部作が満を持してピックアップ放送
ていうか暗黒四天王戦が1つもピックアップ放送されなかったのは意外でしたね。
まぁ、それもやったら「ウルトラマンメビウス列伝」になっちゃうかw でも総集編ぐらいはあってもよかったかもしれない。


新列伝152-13
新撮シーンではタロウとの特訓シーンが
そういえばタロウとメビウスの特訓が映像化されるのって今回が初かな?

新列伝152-31
オーブのバーンマイトは「ストビュームダイナマイト」が必殺技らしいですがオーブにもメビウスのメビウスブレスのようにウルトラ心臓の代わりになるものがあるんですかね?
まぁ、タロウとメビウスの力を使っているからウルトラ心臓やメビウスブレスの効力も内蔵していると解釈しよう。(笑
てか、タロウやメビウスは切り札扱いとしてあまり使わない技なのにオーブはバンバン、ダイナマイトしていくのかなw 「ストビューム光線」みたいな技はあるのだろうか?(スペシウムゼペリオンは「スペリオン光線」が必殺技らしいけど)

新列伝152-26
本編の話
この回のアクション、カッコいいなぁ 次回以降は………(汗
あと、まだ強かった頃のインペライザーが懐かしいですね。(笑


ギンガ 3-2
ギンガSではすっかり雑魚枠になっちゃったしw
ぶっちゃけあの回のインペライザーはレギオロイドでも良かったと思うんだけどなぁ
見た目もカッコいいからソフビにも向いていると思うし
まぁ、「エンペラ星人が関わってないとインペライザーはここまで弱体化する」と考えようw


新列伝152-9
この回のトリヤマ補佐官はメチャクチャカッコいいけど、カコが登場した回とかは宇宙人をメチャクチャ嫌ってたんだよねw
まぁ、そういう因縁があるからこそ次回の展開が熱いのですが


新列伝152-20
ドライブの仁良or蛮野、ゴーオンジャーの早輝の姉に並び特撮三台クズと名高いヒルカワ
仁良もそうなんだけど長谷川さんの描くクズキャラはイマイチフェードアウトの仕方が腑に落ちない所があるよね。 ぶっちゃけヒルカワは逃げている最中にエンペラ星人の攻撃の流れ弾を受けて死亡とかでも良かったと思うんだけどなー
中の人は大怪獣バトルNEOでようやくまともなキャラを演じる事が出来たよね。(笑
ダイルは普通にカッコよかった。


新列伝152-4
サコミズ総監の演説、良いなぁ
ウルトラマンの隊長ポジでも屈指の人間が出来てる人ですよね。


新列伝152-7
メビウス、再び戦うもののまたピンチに
歴代の戦闘機は頻繁に破壊する事が多い中、2話で初登場以降。これまで致命傷を負った事のなかったガンフェニックス(今回はガンフェニックスストライカーの状態ですが)がエンペラ星人の奇襲を受け墜落、爆発炎上するのは結構ショッキングだよね。



新列伝152-5
次回はエンペラ星人、本当に降臨
確かこの回、シナリオや特撮の出来はいいけど、アクションシーンが微妙なんだよなぁ……
まぁ、特技監督があの人な時点でお察しなのですが(汗


※皆さんからのコメントもお待ちしています。
新規の人もお気軽にコメントを残してくれると嬉しいです!!