「…………星道美沙輝だ
さぁて、今日の『たけ坊日記』は………!!」
「いやいやいや! 2日も無断で休んで、その入り方はないでしょ!?」
「いや、そうだけどさぁ」
「ていうか今回のナビゲーター、『ライブスタープリキュア!』の私達なの!?」


結城12-21
「ああ
ブログ主は現在、上の画像のような状態になっているからな」
「一体、何があったのよ!?」
「色々、事情があるんだよ 事情が!!」
「………何か、今回凄い病んでない?
何かいつもよりも暴走してる感じになりそうね………」
「病み上がりのテンションで書いてるからな」


「まぁ、ぶっちゃけて言うと『自動車の免許試験で滅茶苦茶、苦戦したからブログを休んで、集中的に勉強していた』が更新停止の理由だ」
「え!? という事は………!!」
「そうだよ!! やっと受かったよ!! 3回目でようやく!!
合格率6~7割の難関をようやく突破できたんだよ!!」
「確か車の免許って楽なんじゃ………」
「死ね!!」
「な、何でよ!?」
「受けてもいないお前に何が分かるんだよ!!
………言い訳かもしれないが、一応理由を言っておく
真偽は分からんが、このブログ主も住んでいる埼玉は事故が多い為、試験の問題も他県より難しくなっているらしい
実際、『ハァ?』と言いたくなるようなひっかけ問題が多かったからな」
「そうなの!? ていうか試験の問題って共通じゃないの!?」
「『免許 埼玉 難しい』でググれば分かる
あと、昔に比べて規制が多くなって問題も難しくなっているらしい
さっきも言ったが真偽は分からないけどな」


「ちなみに今回の免許の試験の練習問題として使ったサイトはこの2つだな
リンクを貼っておく
これをやればブログ主がどうしてこういう精神状態になったのか分かるかもな」
本免許学科練習問題集


普通自動車免許学科試験問題 きおっくす装置


「もし、このブログを読んでいる人の中で今後、『免許、取りたいなぁ』って思っている人がいたら割と本気で頑張らないとゲットできないから気を付けよう
『あってもなくてもいいけど、取り敢えず取っとくか~♪』みたいなテンションで免許を取る気でいたら、割とガチでやめといた方がいい
『俺は本気で勉強して、免許取るぞぉぉぉぉぉぉ!!』ぐらいのテンションでやらなければいけない、その事だけは覚えておいてほしい
現にブログ主は今回の一件で、『もう資格取りたくないよ!』と思ってるぐらいだ」
「一応、アドバイスなのかな?
でも、良かったじゃない 無事、合格できて
………まぁ、そういうわけで今日からまた復活ですか」

艦これ1-104
「そして、この中でも色々あった
勉強の連続で精神的に病んだり、運気を上げようとして縁起担ぎに艦これ(息抜き)で瑞鶴を建造しようとしたら翔鶴(2体目 既に近代化改修に使った)が出てきたり、親との衝突とか色々とな………」

「ああ、ライプリでも反映されているけど、ここのブログ主、両親と仲が悪いんだっけ?」
「そうだ
私の親みたいなエリートで社会的に権力が強くても人間的には尊敬できない人間はブログ主が嫌っている人間の1つの形だからな
自分は1回でパスしたからって、ネチネチ文句を言ってきたからな………
気持ちは分からなくはないが、こっちは努力しているのに『結果を残さないと意味ないから認めん どうせ遊んでいるんだろ』とか言って人間性を評価できない人間程、気に入らない奴もそうはいないああいう人間がいるから、世の中はダメになっていくんだよ、うん」
「少しはデレてあげなさいよ」
「三次元の男のツンデレとか誰得だよ!!」


「大体ねぇ、私の意見だけど親がエリートというのはそれだけで子供は無条件で苦しむからね?
例えば親が名門大学じゃなければ、『俺の息子が勉強が出来ないのは親である俺が頭が悪いからだ………』となって自分の心の中で折り合いをつけてくれるから比較的、丸い親子関係になれる
仮に親が文句を言ってきても、『アンタが勉強できないから、それが移ったんだよ!!』って体のいい言い訳も出来るしな」
「アンタ、やっぱり結構酷い奴だよな」
「言っておくが、これは『星道美沙輝』の意見でたけ坊の意見とは全然、違うからな? 変に勘違いしないように
だが! 親がエリートだと『自分はエリートなのに、何でコイツは出来ないんだ………?』という事になって色々押し付けられる
しかも、妥協もしてくれないから仲が年を重ねるごとに悪くなる
これは持論だが親になったからには『俺は俺、息子は息子 出来なくてもそれは仕方ない事なのかもしれない だから諦める 息子に理想を追い求めてはいけない』ぐらいの精神にはならないといけないと思う
息子側は何も出来ないんだし 努力して、すぐに頭が良くなるわけじゃないからな」
「成程………
要するに『子供が出来ても高望みするな、と』?」
「極論だけどな
結婚する気がないが、ああいう結果でしか人を見れない人間的に器の小さい親にはなりたくはないものだ
いや本当に先週の金曜日辺りからのブログ主の病みっぷりは凄かった
ネットの練習問題で一問間違えたらついPCの前で発狂しかけるし、親には『努力してないだろ』『どうせ遊んでいるんだろ』と罵られるし、夜眠れないし、食欲沸かないし、息抜きでやったポケモンのGS大会の結果は散々だし………」


ゆゆゆ1
「ゆゆゆの満開祭りには当選したけどその時に『あれ? もしかしてこれに当選した時点で俺の運気、散華したんじゃね?』とも思ったからな
いや、当選したのは嬉しかったけど」


関連記事
「結城友奈は勇者である」公式イベント「満開祭り」昼の部、当選しました 
 

ドライブ16-19
「ったくしかもブログ主は車の免許取るの、かーなーり嫌がっていたからな」
「え? 車、嫌いなの!?」
「車というより運転だな 
車嫌いだったら、『仮面ライダードライブ』見てねーだろ」
「それは関係ないと思う」
「というより、埼玉の浦和に住んでて、交通が不便じゃないから、ぶっちゃけ現時点ではそこまで車の存在意義が感じられない
だが、親に色々言われて渋々やったらこのありさまだよ!!」


「しかも、こっちが断ってきても何度も押し付けてくるし、コッチが後になって『もうやりたくねぇ!!』って言ったら、『途中でやめるなら、金全部返せ』だぞ!!
そっちが言いだしっぺなのにそれはないだろ!!」
「いや了承したアンタも悪いだろ!! 断れよ!!」
「確かにそうかもしれないが、人を了承する方にたぶらかしたアッチにも問題あるだろ!!」
「たぶらかした………って何したのよ?」
「まずは『学業に集中しろ』という事でバイト禁止
あと大学生の夏休みは割と暇だから、両親が『何かやる事ないの?www』と挑発してきた」
「で、その挑発に乗って免許を取る事になったと………ちょろすぎでしょ!?」
「知ってるよ!! ちょろい事ぐらい分かってるよ!! 挑発に弱い事ぐらいコッチが一番知ってるわ!!
だがなぁ………」

 

鎧武ー32
ドライブ1
「私は何も納得していない!!」
「その2つの画像、使いたかっただけだろ!!
って、もしかして………」

 

それは今年の3月の出来事………
私は中1の通知表の成果が悪く、親にこっ酷く叱られていた。
あの親達は生粋のエリートであり、「屈辱」、「敗北」という言葉を知らないで生きて来たリア充であった。
だから分からなかったのだろう。
私のような「持たない者」の気持ちをこれっぽっちも
だからこそ、あんな薄情な言動が出来たのであった………


「何故、この程度の勉強もまともに出来ないんだ?
これぐらい真面目に勉強すればどうとでもなる」
「そんなの父さんの勝手な言い分じゃねぇかよ
アンタには簡単でも私にとっては鬼畜なのよ!!」
「言い訳をするな
そんな事を言ってるならもっと勉強しろ」
「何でいい成績取らなきゃいけないのよ………?」
「それがお前の義務だ」
「そんな義務、持ちたくねーよ」
「それは人としていけない事だ
どうしてそんな事を言う。 父さんはお前をそんな子に育てた覚えは……」
「ふざけんな! だったら最初から産まなければいいだろ!!
私は『産まれたい』なんて思ってねーよ!!
私の意思とは関係なく、私がたまたまお腹の中で育ってテメェらが勝手に決めて、勝手に産まれさせただけだろッ!! ふっざけんな!!」
「ふざけんな!!」


突如、父親は私の顔をぶん殴る。
あの時の記憶は私の中にしつこくこびり付いている。
その屈辱は星道美沙輝によって苛められた時よりはまだマシだったものの、私が両親を見限るのには十分な痛みであった。
この時点で私は両親に失望していた。
自分の中にもこんなクズみたいな人間の血が流れているかと思うと、死にたくなる。
何で、こんな人間に屈し、命令を聞かなきゃならない? 『親と子の関係』などどうでもいい。 私は私だけの為に生きたかった。


「分からねぇ………分からねぇよ、全く!!
私は別に普通の暮らしさえ出来ればいいのに何で楽しくもねぇ勉強を強制するんだよ!!
テメェら、勝手に産んどいて、そこから先も私の人生をコントロールってどんだけ自分勝手なんだよ!!
こっちはテメェらの勝手な自己満足に付き合わされて、ウンザリなんだよ!!
何で私を産んだんだよ!! こんな惨めな気持ちになるなら私はこの世に産まれたくなかったわよ!!
努力すれば実る? こっちは実ってねーのに的外れな事を言うなよ!! 報われるのはごく僅かな人間だけじゃねーか!!
100%確実に報われなきゃ、コッチもやる気なんか起こるわけねぇだろ!! ギャンブルなんかしたくねぇんだよ!!
食事を作ったり、洗濯したり、学費を出してくれるのは誰だと? そんなの割に合わねぇんだよ!! 私の心の傷は金じゃ買えねぇし、癒えねぇんだよ!!
そもそも学費は義務だから出してるだけだろ!! 私の為っていうのはウソじゃねーかも知れねーが私にとっては嬉しくねぇんだよ!!
これだったら生まれない方がずっと幸せだ! 生きてても生き地獄なだけなんだよ!!
だったら今死ね? いざ死のうとしたら恐怖でビビるのは生き物として当然だろ!! だから最初から産まれたくなかったんだよ!!
私がこうなったのは全部アンタらの自己責任だ!! テメェらが最初から私を産まなければ誰も悲しまなかったんだよ!!
私を咎める前に自分を咎めろよ!! 対象を間違えるなよ!!」
「うるさい!!」


再び顔面を殴られる私
もはや親も権幕が凄い。 知らない人から見れば完全にDVの惨状であった。


「私が正論だからって今度は暴力を振るうのかよ!!
だから大人は大っ嫌いなんだよ!!!
そうやって自分が不利になれば暴力で屈させようとする。 その根性が気に入らねぇんだよ!!」


そういって私は家から出ていく。
屈辱だけが残り、近くの公園で怒りを募らせていた。


「くそっ! ふざけやがって………!!」

関連記事
「ライブスタープリキュア! 35話」

「ライプリ35話のこのシーンって………」
「あー、この回もかなり書き手の私怨が混ざってるなw ノリノリで書いてたな」
「やっぱり!! そうだと思ったよ!!」
「このエピソードはライプリの中でも特に好きなエピソードらしいからな
華魅はこういうエリートな親に悩まされる若者という生々しいバックホーンを持つキャラという側面も持っているからな
いつかこういうシーンを書きたかったらしい 私もその気持ちはよく分かる!!」

1424181935018
1424182093031
「ていうか小説にリアルの事情を挟むってどうなの?」
「『月刊少女野崎くん』でも同じような事をしてたから別にいいだろ!!」
「リアルと漫画をごっちゃにしちゃダメでしょ!!」
「いや、これぐらいは別にいいだろ!!
そうやって何でもダメダメ言うとか、お前はどこのしんちゃんのかーちゃんだ!!」
「ていうかブログ主、野崎くんのファンブック買ってたんだ………」
「2月21日に6巻も発売だぞ!!」
「ちゃっかり宣伝してるし!!」
 


「勿論、世の中にはそういう弱い人間の気持ちを分かってくれる素晴らしい大人も沢山いると思う
そういう親の元で育った人からすれば、今回のブログの内容に賛同できない人もいるかもしれない
だが、残念ながら私とかはそういう家族に恵まれなかったからな………」
「美沙輝………」
「さて、愚痴ばかりの辛気臭い話はここまでだ
こういうノリは『たけ坊日記』らしくないからな」
「まぁ、確かに………」
「というわけで次回予告だオラァッ!! いくぞぉ!!」

 


「明日、2月18日は!!」

 
トッキュウ47-1
「闇の中に囚われてしまったライト…………
だが、仲間達、そして家族達のキラキラが彼に光を灯す!!
次回、たけ坊日記! 『烈車戦隊トッキュウジャー 最終回レビュー!!』」

 


「明後日、2月19日は!!」

 

新列伝85-18
「トッキュウジャーと同じく光と闇の戦いを描いてきた『ウルトラマンネクサス』!!
明後日の『たけ坊日記』では新ウルトラマン列伝でのネクサス総集編のレビューを書いていくぞ!!」

 


1419320548058

結城ー9
「さらに近日!!
『満開祭り』に当選した記念に私と優奈が『鷲尾須美は勇者である』と『結城友奈は勇者である』の物語を振り返っていく!!
ただしヒーロー列伝は他よりも制作が時間がかかるから、どこまでやれるかは不明だ!!」

 

関連記事
「結城友奈は勇者である」考察

 

「以上の3本が明日以降の予定だ
ついさっきまで久々に漫画を一気見したり、ポケモンのフリーレーティングに潜った事でようやく精神的な病みも収まったようだし、明日からは通常営業できるはずだ」
「ようやく『たけ坊日記』らしいノリになってきたわね」
「そうだろう?
あとはポケモンGS大会のレビュー、ゴープリとドライブ、艦これの感想もあるが………これらは順次消化していこう
ドライブは来週まとめてやっても問題ないからな」
「ちなみにライプリ本編は!? 私最近、変身してないんだけど!?」
「大丈夫だ
急ピッチで書いている。 ライプリゼロは来週になるかもしれないがな」