艦隊これくしょん -艦これ- #03 「W島攻略作戦」


これは如月が深海棲艦となって敵として現れる展開もあり得るか?(見た目とかをどうするかは分からないが)
設定的には深海棲艦=轟沈した艦娘という設定だったはずだし
では、感想を


あと、Pixivでプリキュアの小説も書いてるので興味ある方は見てくれると嬉しいです。
コメントをつけてくれるとより嬉しいです。⇒ライブスタープリキュア!
リンクはこちら⇒http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=4745586


・艦これ.感想


艦これ3-18
今回は………まぁ、色々な意味で予想を裏切られたなぁ、と
日常7割:戦闘3割の描写で行くとは何だったのかw
ただ、個人的には色々納得いかなかった展開でしたね。


艦これ3-10
いや、別に「如月が轟沈させて、命懸けの戦いで戦うシリアス色の強い艦娘達の物語」にする事自体ははいいんですよ。
「シリアスなんて求めてないから、もっと艦娘のキャッキャウフフを見せろよ!」とは言わないし、こういう実際の史実にそってシリアスな作劇で行くのも一つのアプローチの手段としては正しいわけですし
ただ、そこで轟沈(死亡)する艦娘が2話までの扱いが「少し台詞が多めのモブ」みたいな感じだった如月なのは納得いかないなー、と


確かに3話でキャラの掘り下げはあったけど、色々と雑
ゲームをやっている僕でさえこんな感想なんだから、ゲームをやった事のない人の大半がこの轟沈に悲壮感を抱いてる気がしないw
「あ、少し出番の多いモブが死んだ………」ぐらいの感想しか沸かない気が


艦これ3-23
何というか、鎧武で言う所の「3話目で初瀬ちゃんが死ぬような展開」をやった印象がある。
その展開をやるなら中盤辺りが良かったんじゃないかと 幾らなんでも先走りすぎ
だから「死」の描写が薄っぺらかったなぁ、と

艦これ3-12
特に艦これは既に多くの人に愛され、既にどの艦娘にも一定数以上のファンがいる作品なんだから、「まどマギ」のマミさんや「鎧武」の初瀬ちゃん以上にキャラの扱いは丁重にすべき所なのに、これは流石にどうかと思った。
監督や脚本家からしたら『史実通りの展開にした』というだろうけど、そこも『史実を乗り越えて、無事帰還する』みたいな感じで『定められた運命を乗り越える』というのをテーマを主軸にした作品にしてもよかったんだし
もしくはこれからそういう展開になるのかもしれないが


フォーゼ 31-34
……まぁ、如月については後でまた話すとして本編の話を
そういえばフォーゼでも如月が死んでたなぁ……(一時的ですが)

艦これ3-3
艦これ3-20
初登場の艦娘を紹介
まずは望月と弥生

この2人と睦月と如月で第三十駆逐隊となっていますね。
弥生はもっと背が小さいイメージがあったんだけど、意外とデカいんだなー


艦これ3-1
艦これ3-21
続いて愛宕の姉妹艦の高雄
今回は出ただけだったなー、と


艦これ3-26
何か大井っちが完全にイジメっ子ポジみたいな扱いになってるなーw
ジャイアンポジというか まぁ、根は悪くないんですけどね
ただ少しレズコプターな人なだけで(笑


艦これ3-9
赤城さんはよく出るのに、今回も加賀さん出なかったな……
公式サイトとかの扱い的にはかなり目立つと思ったのにw
いずれ、吹雪に対して「慢心は禁物」とか言って、プレッシャーを与える役どころにはなりそうであるが


艦これ3-11
いやいや、もっとムードがある所で「ありがとう」と言いたかったんだと思うけど、一言言えば、済む話なんだからそこで済ませておけよwww
別に「この戦いが終わったら、一緒に美味しいモノを食べよう」とか「結婚しよう」とかじゃないんだからw
ちょっと死亡フラグの立て方が雑だと思いました。(苦笑


艦これ3-30
いやいや何で燃費が悪い戦艦4隻を遠征に行かせているんだよwww
普通、駆逐艦メインだろw
まぁ、遠征の内容が戦艦必須の内容かもしれないが(そんな遠征内容あったっけ?)


艦これ3-31
うーむ、やっぱり如月の魅せ方が雑すぎるのがなぁ………
ゲームをやっていて、如月に愛を注いでいる人ならともかく、アニメしか見てない人にとっては「あれ? モブっぽい子が死んだ!?」ぐらいにしか受け止められないと思うんだよね。
マミさんは2話までで「頼れるヒーロー」として、3人の中心にいた人物だし、初瀬ちゃんは城乃内とのコンビでそれなりにキャラも立ってたし、愛されてもいたからなぁ
それと比べると、如月の轟沈は余りにも『雑』だったと思う。
これじゃあ、悲劇性が余り出ていないと思うんだよね。(特撮の春映画でのヒーローが次々とやられていく描写よりは………いやどっちもどっちか)


艦これ3-15
ちなみにゲームをやってない人に補足しておくと、艦これにおける「轟沈」はかなり精神的にキツイものです。
何故かというと同じようなノリのゲームであるポケモンの「瀕死」とは違い、「轟沈」は一度沈むと蘇生不可になります。(もう一度、使うには再度建造するかドロップするしかない)
ゲームの場合は「大破している状態で進撃させると轟沈してしまう」(=アニメのように一撃で轟沈する事はない)となっているので、ちゃんとゲーム画面を見ていれば轟沈する事はないのですが………アニメではそれとは関係なく轟沈する仕様らしい
ちなみに僕も昔、その仕様を知らずに大破進撃をした事で響を轟沈してしまった事があるので軽くトラウマになっていたりw(今は2隻目がありますが)


艦これ3-5
ただ、水落ち=存命フラグという可能性もあるからなぁ(まだ、確定とは言ってないし)
でも、モチーフがモチーフなだけにあまり期待しない方がよさそうではある。



艦これ3-33
というわけで艦隊これくしょん -艦これ- 3話の感想でした。
別にシリアスな作品にする事はいいんですけど、同じような魅せ方をした鎧武やまどマギと比べると、そこに行きつくまでの過程が雑すぎたなぁ、と
別に「シリアス展開なんていらねーよ!!」とは言わないけど、ちょっとシリアスのねじ込み方がねぇ………
ちょっとこの作品に対してのテンションが下がった気がする。 シリアス展開が好きな人にとっては万々歳なのかもしれないが