1490468485472
今回は「超スーパーヒーロー大戦」の感想を
取り敢えず結論から話すと「シナリオはダレてはいたし、過去ヒーローの扱いは酷いけど、初代スパヒロ大戦や仮面ライダー大戦、3号ほどの破綻はなかった」とは思える。(比較対象が酷いだけともいえる)


オール3
まぁ、過去ヒーローの扱いは酷かったけど、それでも「初代スパヒロのようなディケイドとゴーカイレッドが敵のボスになりすまし、街を攻撃する」「大戦Zのような初代ギャバンが地球を壊そうとする」「仮面ライダー大戦みたいに本郷猛が老害になっている」「3号みたいに剛が死んだまま、4号に続いていく あとブレイド勢の扱いが酷すぎる」みたいな致命的な事故はないだけマシだったかと
まぁ、アマゾンズと貴利矢さん目当てで見に来た人は憤慨するだろうけど!!
あの扱いは酷かったし


オール1
本編の話
まずはシナリオから
大体、「仮面ライダーブレイブ」なノリであり、性格が完全に初期にリセットされている飛彩がエイトを救う為に奮闘する話
永夢と飛彩の関係が完全に初期のそれだから子供が困惑しそう。(汗 米村ぁ!!(怒
そして開幕からキュウレンジャー、ジュウオウジャー、エグゼイドの設定が無視されるという。
ウルトラマンやディケイドみたいに「キュウレンジャーの世界」みたいな感じなマルチバース設定にしろよwww ただでさえ、キュウレンジャーやジュウオウジャーは設定的にクロスオーバーさせにくい作品なんだし


オール4
現役ヒーローの扱いについて
特に3号以前は取って付けたような出番しかなかった現役のスーパー戦隊勢が(ナーガだけとはいえ)終始活躍していたのは好感を持てた。
ナーガが悲しみの感情を覚えていたけど、多分キュウレンジャー本編では無視されそうw
あと現役ではないけどVSアマゾンといい、最終決戦といいジュウオウタイガーの戦闘シーンだけ妙に気合が入っていた気がする。


オール9
過去ヒーローの扱いについて
ゲームセレクトシーンは今作屈指の名シーン
中の人ネタとかは中々マニアックだったし
でも北岡先生がモモタロスの事をゴローちゃんと呼んだり、「英雄ってのはさ~」「こういうゴチャゴチャした戦い~」を筆頭に名言の無駄遣いをしていたのは気に入らなかった。(あとモモタロスの「 ちょっとでも守りたいと思うとしたらよ今ってやつだ」とか)
ウルトラ10勇士ぐらい歴代の名言を使うのが熱い展開じゃない辺り、米村の無能さが……
とはいえ、今作に出て来るヒーローの大半が「ゲーム世界のヒーロー達」って前提があるから、名セリフを雑に喋ったりパワーバランスがおかしかったり、死んでるヒーローが普通に出てきても違和感ないというのは大きかった。
「半分botみたいな感じで取り敢えず名言言わせとけばいいだろwww」みたいな米村の浅い考えが大分作品の設定によって色々と救われてた感はあったし

オール5
とはいえ、アマゾンズと貴利矢は本人呼んでおいてあの扱いは酷い。
電王、ゾルダ、ビートバスター、アオニンジャーと特に能力やギミックを使わず、あっさりショッカー大統領三世に倒されるし!!


1490468514367
あとの見所はやっぱり冒頭の白倉Pかな?
韓国が最初に出てきたのはやっぱりキョウリュウジャーブレイブを意識してる?
キョウリュウゴールドの登場もそういう繋がりな気がするし(あとは仮面ライダーブレイブとは『ブレイブ』繋がりだから?)



エグゼイド23-8
というわけで「超スーパーヒーロー大戦」の感想でした。
相変わらず金田監督は過去ヒーローの扱いがヘタクソだなぁ、能力やギミックも使わねーし……みたいな所はあれどストーリーはまだ見れるものであったかと
あとアマゾンネオの最初の出番がアレだったのは酷いと思う。




※皆さんからのコメントもお待ちしています。
初めてこのブログを見た人も気軽にコメントを残してくれると嬉しいです!!