鎧武5
待ちに待った「鎧武外伝 仮面ライダーデューク&仮面ライダーナックル」
ようやく発売されたのでレンタルしてきました!!
まぁ、流石は鎧武という事で安定のクオリティ
金田監督らしく生身アクションも多かったですね。
ライダーの出番は少な目でしたがw
暗所での戦いが多く、絵的には地味な所が多かったけど、物語は面白かったです。


デューク8

ナックル2
仮面ライダー鎧武外伝の良い所は、地上波放送じゃないから割とやりたい放題な所だね。前回は子供の人体実験で今回なんて爆弾の自爆テロまでやっちゃったし、鎧武特有の黒さを押し出すにはOVで展開するのがいいんですかねぇ
コッチの方が子供を意識しなくていいから、大人向けに作れるし

あ、あと今年の超英雄祭には20日の回に参加する予定なのでいずれ此方の感想も書こうと思います。

デューク5
本編の話

まずはデューク編
ユグドラシル組が主役なだけに鎧武らしいダークな側面が押し出された内容に
やっぱり大人組がメインだとシリアス色が増す………っていうか今回はギャグが皆無で良かったです。
大人な仮面ライダーって感じがして あとユグドラシル組の有能さが光る。(出会いについて語られたのも好印象)
あと凌馬が変身直後に「そーだ!」と言ったのは笑ってしまったw

 

デューク11
キャラクターのポジション的にあまり主人公には向かないキャラなのですが、そこは上手く工夫して主人公らしくなってましたね。
てか、この人が普通に人がいる所で歩いているのが微妙に新鮮なのですが
ユグドラシルが侵食される前は基本、研究室にこもりっきりだし、前線に出ても変身した状態が主ですからねw


鎧武 22-25
あとプロフェッサーは酷い奴ではあったけど、この人がいなければ戦極ドライバーやゲネシスドライバーが完成する事はなかったんですよね。
悪役として描かれているけど、この人がいなければそもそも地球はヘルヘイムによって一方的に侵食されてましたからね。
目的は許されないものだけど、事実上この人が鎧武における功労者だからね。
そう考えると前後のマッドサイエンティストである蛮野や笛木よりはまともな人なのかもしれない。
まぁ、蛮野はともかく、笛木は実の娘の為に頑張っていた人だからもっと救いがあっても良かったと思うけど
そんなわけで今回の主役抜擢はある意味、適任だったのかもしれない。
鎧武屈指のダークヒーローだし 鎧武はこういう魅力のある悪役が多かったのが良いよね。

 

デューク1
貴虎に対する執着というか未練みたいなのはやっぱりあったのかなぁ、と
微妙にヤンデレというかw プロフェッサー、本当に面倒くさい人だなぁwww
神の座に興味ない時点で貴虎には失望しているけど、まだ心のどこかで決別しきれてないのが人間臭い感じがして良かったです。
TV本編では冷酷さが全面に出ていたので、こういうのを見せてくれたのは良かったです。


鎧武17
あと凌馬と貴虎の会話の微妙な噛みあってなさがシリアスな笑いというか何というか………(でも戦闘では息がバッチリという)
主任、鈍感すぎるだろwww
そして見限られているのに気が付かず、凌馬を必死で守る姿がカッコよすぎる。
本当に主任は出てくる度に株を上げますね。

 

デューク40
個人的には夏映画、外伝1ではあまり見せ場に恵まれなかったシドが今回、大活躍だったのが良かったです。
久々に「仕事人」な部分が見れましたし
多分、今までで一番、有能な部分が押し出されていたと思うぞ(苦笑 本編では鎧武の引き立て役にされていた印象があるから
カッコいい悪役が多いのも鎧武の魅力なのですが、今回はそれが押し出されていましたね。


デューク27
あと湊さんのアクションも相変わらず凄かったです。
ここのワイヤーを使ってのシーンも顔が見えてるという事は恐らく吹き替えなしだろうし

鎧武28
ライダーに関してはやはり新登場であるデューク レモンアームズの頭部が凄い気になった。(汗 もう少し何とかならなかったのかw
あれを見るとレモンエナジーアームズのデザインの洗練されっぷりが凄いですよね。
劇中での活躍も斬月に食われた印象だし(斬月&デュークの共闘でセイヴァーにトドメを刺したのは斬月でした)
てか、斬月とデュークの共闘って今回が初なのでは………
変身前は良くつるんでいたのにね。


デューク9
あと金田監督はこういう弓の撃ち合いのシーンの魅せ方が本当に上手いよね。
これはもっと評価されるべき

鎧武12
そして敵として出て来た仮面ライダーセイヴァー
ザクロはいいけど何でよりにもよって今、ゲットするのが難しいであろうブラッドオレンジロックシードを使うライダーにしたんだwww
武神鎧武との関係とかもあるんですかね?(それも小説で言及されるかな?)
そして、リンゴアームズはまたリペイントされたのかwww

 
鎧武7
鎧武8
あと変身も他のアーマードライダーと明らかに違うのも気がかりでしたね。(上からアーマーが降ってこない)
これも死人故のものだったのか………


鎧武6
加えて貴虎がゲネシスコアの存在に驚いている所があったから、ゲネシスコアに関してはセイヴァーの技術(コア部分)を真似てゲネシスドライバーにコアユニットを搭載した可能性もあるよね。(セイヴァーアローはソニックアローのプロトタイプみたいなものなのかな? 凌馬はソニックアローについては知ってるような口ぶりだったけど)
まぁ、あくまで考察ですが

 

鎧武41
前述しましたが、今作も主任/斬月の活躍っぷりが凄い
前作では出番を貰えなかったメロンアームズが活躍してましたからね。
外伝は主任が安定して出番があるのが素晴らしい。 特に今作は主役でもないのにね


鎧武 22-57
まぁ、ユグドラシル組は危ない部分も多いですが、やっている事は割と間違ってなかったからね。(主任を筆頭に)
ずっと言っているけどオーバーロードや黄金の果実の存在がなければ、間違いなくユグドラシルのやっている事が正義で紘汰のやっている事が間違いであるわけなんだし
少なくとも代替案を持ってない紘汰にユグドラシルのやり方を否定する資格はないと思うし
なので僕は鎧武に対しては決して甘々な評価ではないんだよね。
少なくとも中盤の紘汰の言動は問題大アリだと思ってるし
基本、僕は好きな作品とかはありますが、「信者」にも「アンチ」にもならない中立を突き通すスタンスなので(辛辣な事をいう事はありますが)

今にして思えば武部Pは主人公マンセーにしすぎて、他のキャラの扱いが雑と思えるし(本編での戒斗の扱いもそうだったし)
ニンニン初期の天晴マンセーといい、この前のゴーストでのスペクターの件といい、今年になって僕の中での武部Pの評価が急落しているのですが(汗


▽併せて読んでほしい記事







 


鎧武45
そしてナックル編
ここの切り替わる際の供界とシュラの接触にも説明が欲しいよね。
この空間、何処だよw

 

鎧武48
チームバロンのエピソードという事で戒斗も勿論、登場
戒斗とザック&ペコの馴れ初めを明かされたけど、この回想を見る限り、戒斗さんが一方的にケンカを吹っかけてきたんだからシュラが可哀想に見えなくもない。(汗
別にシュラは戒斗と関わる前はザック達と普通に仲良くダンスをしていたみたいに思えるし
戒斗さん、問題児すぎるやろwww このシーンの戒斗のジャイアン臭、半端ないな………

 

鎧武49
勿論、不意打ちで鉄パイプで攻撃をしようとしたシュラにも多少、問題はあると思うけど戒斗による被害者って感じが凄いよね。
戒斗さん、厚かましいというレベルじゃないぞwww


ナックル71
しかし、この回想シーンのせいで初期のクズザックは無かった事……というか完全に黒歴史になった感はあるな………
恐らく、鎧武における最大の問題点の1つとして挙げられる事になるだろう。(笑

ナックル16
ナックル12
城乃内や光実、凰蓮なども活躍
城乃内、本当に勝ち組になったなぁ


ナックル8
ライダーに関してはナックル、ブラックバロン、龍玄、黒影トルーパーが登場
ナックル編は全体的に生身の戦闘シーンも多く、ナックル自体の戦いも肉弾戦重視な為、非常に泥臭い戦いが目立つ印象でした。
まぁ、たまにはこういうのもアリかなぁ、とは思う。
最近の平成ライダーは武器やギミックを使うのがデフォになっているから、たまにはこういうほぼ肉弾戦のみの戦闘も良いというか


ナックル10
前々から思っていたけど決してメイン格のライダーではないナックルが主役だけでなく、専用の強化形態まで貰える事が奇跡だよなぁ
クルミ、スイカ、ジンバーマロンになれたんだし
デュークも同じような立ち位置なのにレモン、レモンエナジー、ドラゴンフルーツエナジーを貰えているのも凄いけど
今までの多人数ライダーとは違い、こういうサブライダーにもピックアップし、強化形態を与えられたのは鎧武の良い所の1つだよね。


ナックル3


ブラックバロンに関しては本編のバロンと違いロックシードにナンバリングの記載がないのが印象的
これ意外と気付かない人、多そう。

 

鎧武54
鎧武57
外伝1では出なかった龍玄が久々の登場
まぁ、出番はほぼ一瞬でしたが
ミッチの出番が少ないのはやっぱり高杉さんのスケジュールの都合なのかなぁ


鎧武52
黒影トルーパーは出るという情報が全くなかったので登場が驚きでしたね。
設定的にも出しづらい存在だったし

 

ナックル47
ちなみに鎧武も一瞬、登場
まぁ、回想なんだけど
しかし今までのスピンオフと違って、本編の主人公を全く出さないっていうのは凄い試みですよね。
春映画にも出なかったんだし、ちょっとは出ても良かったのにw


ナックル11
てか、何でこのシーンで出さなかったんだろ?
中の人のスケジュールの都合なんだろうけど、チームのリーダーであった裕也とかミッチはいても可笑しくないと思うし(紘汰が何時、チームを抜けたのかは不明だけど、ロックシードが流行ってない時期ならまだチームに残っていても可笑しくないし)
てか裕也はいないと違和感があるのでは………w


鎧武51
そして初瀬ちゃんと舞は本当に申し訳程度の登場であった。


ナックル52
チームバロンのドラマは良かったですね。
ナックル編は熱血要素の強いドラマが良かったです。
ダンス要素も拾ってくれたのも嬉しいし


ナックル5
ゲネシスコアは生きてたのかよwww
プロフェッサーのキルプロセスで破壊されてないパーツで良かったな(笑

 

ナックル4
戒斗とザックの会話も良かったですね。
しかし、ラストのこのシーン、何か凄いザックが死んだようなシーンに見えるのですが(汗
まぁ、多分存命はしていて、戒斗のエールを受け、またニューヨークへ旅立ったんだと解釈していますけど
シュラはあの後どうなったんだろうなぁ

 

デューク13
ネオ・バロンとも繋がっていた黒の菩提樹がロックシードや戦極ドライバーをバラまいていたって設定は二次創作とかで使えそうだなぁw、と
「黒の菩提樹がネオ・バロン以外の組織とも繋がっていて水面下でロックシードや戦極ドライバーを提供している」みたいな設定で
あと現存ライダーにナックルが加わったのも地味に大きいよね。



鎧武44
ナックル9
というわけで鎧武外伝2の感想でした。
黒の菩提樹やセイヴァーシステムに関しては色々、謎な部分も多かったですが、それは鎧武の小説で明らかになるのかな?
供界が奇妙なベルトを持っている理由やプロフェッサーの発明について知っている理由も気になるし
あと前作と比べて暗所や屋内での戦闘シーンが増えたなぁ、と思いました。


鎧武31
鎧武30
ってか小説でセイヴァーシステムとかについて語るらしいけど、これ鎧武とかの出番あるのか………?
個人的には「光実視点の鎧武本編(エグい演出増)」みたいな感じにしてほしかったんだけどなぁ
キバの小説みたいなノリが理想だったんだけど
てか発売日は何時になるんだろうね?

 


鎧武46
もし鎧武外伝3をやってくれるなら今度はシャルモン組かマリカ、シグルド辺りを拾ってほしいけどどうなるんだろうなぁ
龍玄はどうなるんだろうなぁ 本編でドラマをやり切った所はあるけど、やっぱりタイトルを飾ってほしいという願望があるんだけど
まぁ、ドライブサーガもあるので望みがかなり薄いですが………


※皆さんからのコメントもお待ちしています。
新規の人もお気軽にコメントを残してくれると嬉しいです!!



▽併せて読んでほしい記事