1489834782563
本日は「結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-」の感想を
いやー最高でしたね! ファンである僕か見ても100点満点+αのクオリティだった。
僕としては銀と園子が動いているだけで100点ぐらいだったんだけど、変身バンクを筆頭に色々とネタが詰まっていたり、コミカル描写がありながらもゆゆゆ以上にハードな要素を出していたのが良かったです。
いやー、このブログではよく「ゆゆゆ2期はよ!」と言っていましたが、ようやく報われましたねw


鷲尾13
わすゆに関しては円盤購入もある程度、視野に置いて考えようかと(勿論、金銭面との相談はあるけど)
この作品に関しては財布の紐が結構緩みますわぁ……
確かTV版は別の形で売られるんだっけ? またPCゲームやイベント先行受付とかで十分元は取れるからそういうのがあるならまた買いたいけど


1489834921394
まずは「結城友奈は勇者部所属」の感想から
話は原作1話に東郷さんを加えた感じ(夏凜は2話予告のみの登場)
短いながらもBGMの使い方が秀逸だったw
あと凄いテンポが良い。 2話では予告を見る限り、トロ子も出そうだし、楽しみですね

結城5
本編の感想
「鷲尾須美は勇者である」
「結城友奈は勇者である」の前日談が描かれる神西暦298年の物語
8話+番外編と話数は少ないながらも「結城友奈は勇者である」とガッツリリンクするエピソードに加え、ゆゆゆに負けず劣らずの魅力的なキャラが特徴の今作
原作を知っているのでもうバッドエンドになる事は知っているのですが、第1章はやはり明るいスタートでしたね。
もうシリアス要素を隠しきれてないけど(汗

OPはTV放送まで持ち越しかー
うわぁ、凄い楽しみ


鷲尾2
ストーリーに関する感想
ゆゆゆとの対比描写に注目しても中々面白い今作
ゆゆゆとのわゆ(ドラマCD参照)と違い、端末から樹海化警報が鳴らなかったり、讃州中学よりも神樹様への礼のプロセスが長い辺り、格式が上っぽい感じがしたりと対比が面白かったなー
あと銀が初変身前の祝詞を飛ばさずに最後まで言うのが意外だった。 風先輩みたいにそういうのは端折ると思ったし


1489834943441
そして最大の違いはやはり戦闘後の損傷でしょうね。
ゆゆゆでも「散華」の代償以外では体に負担がかかる事はありませんが、わすゆは精霊バリアなどが存在しない為、戦闘後の戦傷・流血描写が多く描かれていたのが新鮮でしたね。 かなり生々しいというか
普通ならサービスシーンであるお風呂シーンも生傷が多いお蔭で穏やかな気持ちで見れなかったぞ!w


鷲尾7
メインキャラに関する感想
改めて見ると須美のメンタル、本当弱かったんだなー、と 今こそ戦力面ではベテランレベルだけど、かつては本当に未熟だったんだよね。
いやまぁ、メイン3人の内、一番人間臭いというか、他の2人が勇者適正がありすぎて度胸がありすぎるだけなんだけど 実際、あの2人は友奈と同じ位、勇者適正値が高そうだからなー 
ゆゆゆの時とは違って、戦力的にもまだ強くなかった時期だからより心が脆い感じがした。
こうして見ると須美(東郷さん)はこれまでずっと誰かに救われ続けて、これまでの戦いを潜り抜けているのか…… 凄いメインヒロインなキャラというか
勿論、かつてはお役目の為に戦っていたのが、今では大切な人の為に戦っている辺り、人としては凄い成長し、良い奴ではあるんだけど
果たして勇者の章ではメンタルが成長しているんでしょうか!?


鷲尾4
東郷さん時代に比べ、かなり真面目なキャラである須美ですが銀の監視の為に本格的な装備を持参したり、戦艦長門について熱く語ろうとしたり、ところどころで見かけるコミカルな表情など、確かに今の東郷さんに通ずる部分も見えましたね。


鷲尾6
ゆゆゆでも登場したものの、ようやく映像作品でガッツリ登場した乃木園子
思っていた以上のフリーダムさで笑った。 
原作と比べ、動物好きキャラがさらに推されたりして、よりキャラの掘り下げが深くなってましたね。


鷲尾8
そして待ってましたよ、三ノ輪銀!
樹海の記憶、そして満開祭り2を経て、ついに映像作品に登場! いやぁ、動いている銀を見れて嬉しかったわー
ちなみに仮面ライダーエグゼイドでいう所の貴利矢のポジションにあたる子ですね。(凄いネタバレ)




ジェラート食べ終わったら、特訓回(原作3話)に移行したので銀のエピソード(原作2話)は2章で語られるかと思ったら、後で語られましたね
今作、原作の2話と3話を入れ替えたりとかして、物語をガッツリ再構成していますが、より須美達の友情物語とかが良くなってたと思う。
2章3章はより原作とは違った感じになるっぽいですね。 2章は予告映像を見る限り、日常パートがより増えそうな感じ
そうなると3章が銀の葬式~最終決戦という詰め込みっぷりになるけど大丈夫なのか……? もしくは2章で銀の葬式までやるのか?


あとゆゆゆと違い、大赦サイドのメインキャラとして安芸先生が登場
銀のスマホは樹海写真撮れなかったのに、安芸先生のスマホは何故樹海動画撮影できてるんだろ?
秘密の漏えい対策でそういう仕様にしているのかな?



鷲尾1
バトルシーンに関する感想 
「鎮火の儀」というワードはアニメが初出かな?
劇場作品ということもあって、明らかに気合が入ってましたよね。 弓を発射する際のチャージ描写とかは個人的に凄い好き
ていうか明らかにゆゆゆ勢よりも強そうな技やエフェクトだったんですが(汗
もしかして勇者の章の6人もあれぐらい技が派手になると期待していいんですかね!?
逆にゆゆゆ勢は訓練してない素人が主に変身するからギミック過多な武器じゃなくて、ああいう使いやすさと分かりやすさ重視のシンプルな武器が多くなったんですかね?


鷲尾1
銀は夏凜に近い所もありますが、武器が斧なのと炎属性が付いているので大分、雰囲気が違いましたね。 
トドメで使っていたあの連続斬りはぜひゆゆゆいでも実装してほしいけど、どうなるかなぁ


鷲尾5
園子に関してはまさか変身シーンがああなるとは思わなかったわw
鶏とネコが出てきて、一人だけ世界観が違うというか魔法少女チックで笑いました。(笑
本当に、どうしてこうなったw
てか、あの槍、階段を生成したり、傘になったりと色々と万能だったな……


あと「結城友奈は勇者である」の時はレオと融合して単体の活躍がなかったアクエリアスとリブラ、3話で夏凜に瞬殺されたカプリコーンなどがついに活躍(樹海の記憶では出番あり)
全体的にバーテックスの強敵描写が凄い良かった。 銀と園子がコミカルな挙動が多いから上手く中和されているけど



1489834837357
というわけで「結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-」の感想でした。
3年近く待たされただけあって、それにふさわしいクオリティだった今作
原作とは違う部分も多いものの須美、園子、銀の絆が完成する物語としては本当に最高の出来でした。
てか1時間もない作品のはずなのに戦闘×3、特訓、サービスシーン、友達になるまでの濃密なプロセス、須美の成長を丁寧に詰め込んだのは凄いと思った。
タカヒロさん、岸監督、上江洲さん、いい仕事するなぁ 上江洲さんは「この素晴らしい世界に祝福を!」でもいい仕事をしているし、こういう物語の再構成は本当に上手いですよね。


鷲尾11
そして2章の映像も流れましたが……
知っているとはいえ、やっぱり銀の最期は見てて、来るものがあるなぁ(花守さんの「このまま……出て行けぇぇぇぇぇぇぇぇ!」の叫びも凄いし)
本当にいい子達なのになー しかも3章まで3ヵ月近く待たされるわけだし、ゆゆゆ8話以降並に辛すぎる。


※皆さんからのコメントもお待ちしています。
初めてこのブログを見た人も気軽にコメントを残してくれると嬉しいです!!



▽併せて読んでほしい記事