たけ坊日記@けものフレンズ難民大歓迎

特撮やアニメの感想などを中心に書いています。 新規の人もお気軽にコメントを残してくれると嬉しいです!
特撮:ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊など
最近、ハマったのはウルトラマンオーブ、ウルトラマンX、仮面ライダー鎧武、ウルトラマンギンガ、ハイスクール・フリート -はいふり-、戦姫絶唱シンフォギア、ハナヤマタ、ラブライブ!、ラブライブ!サンシャイン!!、ソードアート・オンライン、結城友奈は勇者である、鷲尾須美は勇者である、乃木若葉は勇者である、きんいろモザイク、ご注文はうさぎですか?、がっこうぐらし!など
ポケモンX・Y、オメガルビー・アルファサファイア、スマブラ、スクフェス、艦隊これくしょん(艦これ)もやっています。

    2015年04月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    アカメ22-11
    ※今回は小説「ライブスタープリキュア!」を絡めたヒーロー列伝
    小説の方も読んでくれると嬉しいです。


    「デスデスデェーッス!
    ついに美沙輝がラグエイト要塞に向かったデス!!」
    「でも、それを邪魔をする礼丈優奈はぜってぇ許さねぇ!!」
    「それは大丈夫そうよ」


    [ライブスターフィニッシュ!! 必殺銀河系!!]
    [ジョーカーフィニッシュ!! 決着せよ切り札!!]

    虹色の光に包まれ、強烈なキックを放つギャラクシー
    そして同じように黒と赤の光に包まれ、蹴りを叩き込むジョーカー
    2人は空中で激しくぶつかり合う。

    「タァァァァァァァァァァッ!!」
    「ハァァァァァァァァァァッ!!」

    2人は空中で激しく激突
    両者は全くの互角に見えたが………

    「ウオオオオオオオオッ!!」
    (マズい! このままじゃ………!!
    彼女の闇が深すぎて…………!!)
    「キャアアアアアアアアアアッ!!」

    心に闇と光をバランス良く兼ね揃えている美沙輝
    そんな美沙輝を前についに優奈は吹き飛ばされ、変身解除させられる。
    いつも通り、キュアスパークが破壊されオリジナルプリキュア等のライブドール、ラファエル、そしてジョーカーのドールもドロップしてしまっていた。

    「コイツらは貰っていくぞ…………」
    「美沙輝………」


    「おお! 美沙輝、勝ったんデスか!!」
    「流石ね」
    「でも………」


    美沙輝が辿りつくとラグエイト要塞は禍々しいオーラの包まれていた。
    一体、これから何が始まるとでもいうのだろうか?
    すると要塞がドロドロに溶けてゆき、血色と黒が基調である怪物の姿へと変貌していく。

    「……!?」
    [プリキュライブ! キュアネメシス!!]
    「「プリキュア! ネメシスライブ!!」」
    「な、何だぁ!?」

    怪物が地面に降り立つと地面はひび割れ、雄叫びを上げる。
    要塞らしく体中に砲台等が搭載しているが、一番の特徴は胸
    何故か女神像が取り付けられていたのである。
    そして美沙輝にはその怪物からある存在を感知していたのだ。

    「この感じ、まさかプリキュア………!?
    こんな怪物が!?」
    「「その通りよ!!」」
    「その声、音夢と輝か!?
    その怪物はお前らがライブしているのか!?」




    「ラグエイト………!!」
    「ヤバいデスねぇ
    コイツを倒さないと美沙輝の求める世界は作れないデスよ………」
    「助けたいけど、私達に何が出来るの?」
    「デスデスデース!
    私は仮にも元ラグエイトのプリキュア!
    キュアスパークの製造にも関わっているんデスよ!?」
    「え!?」
    「それなら早く新しいキュアスパークを………!!」
    「でも残念ながら制作には時間がかかるデース………
    美沙輝が奪ったデータを利用すれば作れるデスけど結構、資材を集めるのは大変なんデスよー」
    「なーんだ………」

    「ダミードール製造機を破壊し、ラグエイトの戦力を大幅に弱体化させる事で自らを人類の英雄になろうとしている
    でもラグエイトの力は今尚強大………」

    「けど、美沙輝ならきっと何とかしてくれるデス!!」
    「私達もライブドールについて勉強して、美沙輝のサポートを出来るようにしないとね!!」
    「じゃあ、勉強するデース!!」
    「でも、テーマは?」
    「そうね………
    あ、そういえば………」
    「ライブプリキュアには鮮桐姉妹というキャラがいるわよね」
    「あの2人は色々すれ違いがあって、ようやく仲良くなったのよね」



    「行くよ、永久」
    「うん、お姉ちゃん」
    「プリキュア! フェアリーライブ!!」
    「プリキュア! ガンナーライブ!!」
    [プリキュライブ! キュアフェアリー!!]
    [プリキュライブ! キュアガンナー!!]

    永久と令は金と銀の光に包まれ、フェアリーとガンナーに変身
    フェアリーが接近戦で対抗している間にガンナーは金色の戦士・エステバンについて調べる。
    満を持しての姉妹初変身&初戦闘
    姉妹である為か、息はピッタリであった。




    「一時は利害一致で美沙輝達とも共闘していたけどその後は優奈達の傘下に入った為、私達と戦闘
    けど、キュアブラッドや我らがキュアギャラクシーによって変身不能になったよね」

    「流石、美沙輝デース!!」

    「さて、話を元に戻すわ
    今回のテーマは………」
    「ズバリ、兄妹姉妹デスね!!」
    「そう! というわけで解説開始よ!!」


    鎧武 36-10
    というわけで今回は以前、ブログ記事でリクエストがあった「兄弟・姉妹対決」編です。

    ※関連記事



    色々、調べたのですが僕が見ているアニメ・特撮だと意外に兄弟・姉妹対決が少ないなぁ、と思ったけど何とか掻き集めました。
    画像とかがあればゴウライジャー同士の激突やアニメ「ロックマンエグゼ」のエレキ伯爵とマグネッツの兄弟対決とかもやりたかったけどね
    それでも何とか画像の存在する近年のアニメで1本作れたので、紹介です。
    では、列伝を




    ▽紹介作品


    [アニメ]<デート・ア・ライブⅡ>
    第二話「颶風の御子」
    第三話「ふたつの願い」
    第四話「顕現」

    ▽キャスト
    島崎信長/井上麻里奈/富樫美鈴/竹達彩奈
    内田真礼/ブリドカットセーラ恵美


    [アニメ]<アカメが斬る!>
    第9話:「戦闘狂を斬る」 
    第10話:「誘惑を斬る」
    第15話:「教団を斬る」
    第16話:「人形を斬る」
    第17話「呪縛を斬る」
    第22話:「妹を斬る」

    ▽キャスト
    雨宮天/斉藤壮馬/田村ゆかり/浅川悠
    能登麻美子/松岡禎丞/小西克幸/水野理紗



    [アニメ]<ハートキャッチプリキュア!>

    第34話:「すごいパワーです!キュアムーンライト!! 」

    ▽キャスト

    水樹奈々/水沢史絵/桑島法子/久川綾


    [アニメ]<ハピネスチャージプリキュア!>

    第38話:「響け4人の歌声!イノセント・プリフィケーション!

    ▽キャスト

    中島愛/潘めぐみ/北川里奈/戸松遥


    [特撮]<仮面ライダー鎧武>
    第35話:「ミッチの箱舟」
    第36話:「兄弟の決着!斬月VS斬月・真!」
    第42話:「光実!最後の変身!」
    最終話:「変身!そして未来へ」

    ▽キャスト

    佐野岳/小林豊/高杉真宙/志田友美/久保田悠来
    青木玄徳/佃井皆美/松田岳/松田凌/吉田メタル


    [特撮]<仮面ライダードライブ>
    第27話:「詩島剛が戦う理由はなにか」
    ▽キャスト

    竹内涼真/内田理央/稲葉友/上遠野太洸


    [特撮映画]<仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル>
    ▽キャスト
    竹内涼真/内田理央/上遠野太洸
    佐野岳/小林豊/高杉真宙/志田友美/久保田悠来/青木玄徳


    [小説]<ライブスタープリキュア!>
    第36話:命の輝き
    第54話:最終決戦
    第55話:2人の未来は―――

    【悲しき戦い! 兄弟姉妹の激突!!」(ヒーロー列伝 55話 兄妹姉妹対決編)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    新ウルトラマン列伝 第95話「ウルトラ銀河伝説 その名はウルトラマンゼロ」レビュー


    新列伝95-7
    今回も引き続きウルトラ銀河伝説とウルトラファイトビクトリー
    銀河伝説は今回で終わり
    2回目ですが、それなりに楽しめましたね。


    列伝 60-14
    銀河伝説本編については列伝の時の感想に大体書いているのでそちらも参照してください。(笑


    ・関連記事

    【新ウルトラマン列伝 95話[ウルトラファイトビクトリー 5話].感想 ~「コイツは既にエースキラーを超えた存在……名付けてビクトリーキラー!!」~】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    仮面ライダードライブ 第27話『詩島剛が戦う理由はなにか』レビュー


    ドライブ27-1
    今回は剛回&チェイサー販促回
    いずれこの並びもあるんだろうけど、しばらくはないんだろうなぁ
    3クールのラストでやるのが妥当か?


    ドライブ27-27
    進ノ介、またも怒りに身を任せ本調子で戦えず&職業ライダーであるが故に行動制限なるという話だったり タイプテクニックの時の怒っている時こそクールとはなんだったのか
    チェイサーの販促期間だから仕方ないんだろうけど、警察公認ヒーローになってから、より制限が増えたというかむしろ動きづらくなってませんか?
    別にそれだけなら問題ないし、むしろ『職業ライダー』らしい展開で面白味があるのですが、問題なのは『警察公認ヒーローになったのにも関わらず、それによる優位性が皆無』という事
    結局、大っぴらに変身したの現時点では25話だけだし


    ドライブ27-23
    クウガなら「より親密にバックアップしてくれる存在が増える」というのがそれに当たるわけですが、ドライブの場合、「特状課と001サイドの人間(仁良など)」しか今の所、クローズアップされていない為、世間的なドライブの評価とか仁良や001以外のドライブの評価とかが分からず、全然、正体を明かした事による待遇改善とかが見受けられないんですよねぇ
    仁良以外の人間には「仮面ライダーになれるなんて泊さん、スゲーッ!!」と思うキャラがいても可笑しくないのに
    「25話で決意の変身をしたのは何だったのか」というか剛に隠れがちだけど進ノ介も報われないよなぁ
    特にロイミュードの存在が公になったのに未だに特状課が島流し状態になっているのがどうも解せない

    【仮面ライダードライブ 27話 感想 ~「ロイミュードは悪だ。奴は人の幸せを奪う。だから俺が倒す!」~】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


    「ラブライブ!The School Idol Movie」劇場本予告(90秒ver.)がついに解禁
    気づけば、公開まであと1ヵ月半なんですよね。
    早いなー
    映画タイトルに「ラスト」みたいな言葉がない辺り、「いつでも復活してやるぜ!!」みたいなスタンスが見えている気がする。(苦笑


    ラブライブ8
    一応、見に行く気はあるんだけど人が多そうなんだよなー
    初日や休日は混みそうだし、平日の午後に行こうかなー
    アニメのストーリーには色々と気になる点が多い作品なんだけど、やっぱり大々的なメディア展開やキャラ立ちが良く出来ているからこそ、評価されている作品って感じだよね。
    映像作品よりも曲やキャラで勝負しているというか(それで大成功しているのだから凄い)


    ラブライブ7
    空港のシーンとかある事を考えると、やっぱり海外に行くのは確定かな?
    「けいおん!」といい、音楽アニメは映画で海外に行くのが定番なんですかね。


    ラブライブ6
    ラブライブ5
    ここの海未、アンクルとか声のトーン的にマジギレっぽい?
    ニコ生のアンケでも低評価だった最終回1話前の「アナタは最低です!」をやるんですか?(笑


    ラブライブ10
    凄い珍しい組み合わせ(笑
    二次創作ネタをどんどん提供していきますねw


    ラブライブ11
    やっぱり「人間キャラの3DCGが許されるのはダンスシーンまでだよなぁ」と感じてしまう。
    にしても和服衣装いいですね。


    ラブライブ12
    海未、またババ抜きするのかw
    花陽の「誰か助けてー!!」といい、ネット上で話題になったネタを拾っていくスタイルなんですかね?



    では、感想を

    【2015年春アニメ感想 その5[Fate/stay night,長門有希ちゃんの消失,ダンまち,浦和の調ちゃん,Go!プリンセスプリキュア]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    Memory;04 「ブランニュー・ハート」


    なのは4-41
    今回はなのはViVId、最初で最後の水着回だったかな?(現時点では)
    戦闘シーンはなかったけど、次々回以降の「アレ」の為に力を温存しているのかな?


    「魔法少女リリカルなのはViVid」についてはこちらの記事でも紹介しているので、こちらも見てくれるとうれしいです。


    ・関連記事

    【魔法少女リリカルなのはViVid 4話 感想 ~「古流武術-カイザーアーツ-と近代化闘技-ストライクアーツ-、同じ道は辿れない。 だけど時々こんな風に少しだけ一緒に歩けたら……」~】の続きを読む

    このページのトップヘ