ウルトラシリーズやウルトラゾーンに仮面ライダーWや仮面ライダーフォーゼ、ハートキャッチプリキュア!やドキドキ!プリキュアの要素を加える事で全くウルトラマンが誕生する!
そんな作品でした。(ぁ
では、感想を



・新ウルトラマン列伝 第2話.感想
「早く大きくなりた~い」


ギンガ 1-11
というわけで7月10日、「ウルトラマンの日」に始まりました、ウルトラマンギンガ
深夜帯を除けば、実に7年ぶりに30分枠での完全新作のウルトラマン作品の登場となりました。
いやぁ、OPからワクワクが止まりませんでした。
多少、詰め込みすぎな感じもありましたが実にいい掴みの1話だったと思います。


ギンガ 1-40
ギンガ 1-41
OPもギンガ仕様に変更
キャラ紹介のクレジットがちゃんと従来のウルトラマンのOPになってたのは良かったなぁ


ギンガ 1-42
この炎の技は「ギンガファイヤーボール」?(スポーツ報知の円谷プロ50周年特別号より)
おそらく次回、繰り出すんでしょうねぇ


ギンガ 1-43
この最後にメインキャストが勢ぞろいするシーンはティガ、ダイナ、コスモス、ネクサス辺りを思い出すよなぁ
いやぁ、いいOPだった。

ギンガ 1-34
本編の話
主人公の礼堂ヒカルはウルトラマンの主人公らしい好青年っぷりがよかったですね。
最近はタイガにゼロらウルティメイトフォースゼロの面子とクセの強い主役格が多かったので結構、新鮮な感じが
ヒカルは7年ぶりに故郷に帰ってきたらしいけどこれはやっぱり「メビウスからギンガの間のブランクの7年」を現しているんでしょうねぇ


ギンガ 1-12
そしてヒロインの石動美鈴
また、いいヒロインを見つけてきましたね。(苦笑
天然が入っている感じのヒロインみたいですね。


ギンガ 1-44
開幕リア充(ぁ


ギンガ 1-14
銀河神社は隕石によって燃えてしまい、ヒカルの母校である小学校に寄贈されている模様
ここがいわゆる溜まり場になるんでしょうねぇ


ギンガ 1-15
美鈴の巫女さんコスとは・・・・・・
今作のスタッフは分かってるな!!(ぁ


ギンガ 1-45
幼馴染集結シーン
千草の声、キュアマリン並みに変わった声だなぁ~(苦笑


ギンガ 1-17
夜、ギンガスパークを介してヒカルが見たウルトラマンと怪獣の大戦争
このバトルシーンはティガ劇場版の光と闇の巨人のぶつかり合いを思い出すなぁ
にしても「マン兄さん・・・・・・単身でゼットンに挑むなんて無茶しやがって・・・・・・・・・」とか思ってたけどよくよく考えたら、確か以前エイプリルフールのゾフィー兄さんのブログで「ゼットンを素手で倒した」という文章があったことを思い出したwww
やっぱり数千年の間に成長したんでしょう。


ギンガ 1-55
セブンVSキングパンドン
サーガでも戦ってたけど、結局映画では没になったよなぁ
ちなみに今回のセブンの声はどうやら最近の声ではなく、当時のライブラリ音声を使っているっぽい?
ウルトラマンは基本、掛け声は流用してOKだからこういう時、本人ボイスを使えるのは便利だよね。


ギンガ 1-37
他にもタロウVSテンペラー星人やティガVSファイヤーゴルザが
タロウの声も昔の篠田ボイスを使っているっぽい?
どうも光の国出身ではないウルトラマンも参戦しているようですが、ダイナ、ガイアやアグルとかはアスカ、我夢や藤宮のような同化している人間もそのまま一緒に人形化されてしまっているのかな? 
コスモスとかはムサシとは基本、分離しているからコスモスだけ人形にされてそうだけど


ギンガ 1-56
このイメージ図、色々ツッコミ所が満載なのですがwww
右下にはザ・ネクストがいるし!w
画像が粗いので分かりづらいのですが一応、コスモスやミクラス、アギラとかも確認


ギンガ 1-18
ギンガ 1-38
ヒカルの前に姿を見せたのはウルトラマンタロウ!
スパークドールの中では唯一、意志がある状態で人形にされた模様
さすがウルトラの父と母の子だけはありますね。

ギンガ 1-22
でも基本、ギャグ担当(ぁ
本人は真面目なのに!!


ギンガ 1-19
ギンガ 1-57
どうやら「異形の手のモノ」=ラスボス?の声は杉田智和さんのようですね。(エコーがかかってましたは)
ハルヒのキョンだったり銀魂の銀さんだったり、と有名な声優さんです。
特撮では仮面ライダーではキバット、スーパー戦隊ではゴーカイジャーのキアイドー、ゴーバスターズのドリルロイド2と濃い敵キャラとしての出番が多いですが、まさかウルトラマンでボス格を演じるとは・・・・・・・
特撮3冠も達成するとは凄いですよねぇ


ギンガ 1-20
異形の手のモノが呼び出したのはバルキー星人(SD)
今作の怪獣・宇宙人は(SD)=スパークドールの略称がついているんですよね。
バルキー星人の声を担当してるのは橋本達也さん
ウィキにもページがないのでイマイチよく分からない人ですがwww


ギンガ 1-2
バルキー星人、仮にもタロウのラスボスなのにノリノリすぎだろwww


ギンガ 1-3
既に事情を知っていた美鈴のお願いもあり、タロウにウルトライブしようとするものの上手くいかず
怪獣は出来て、ウルトラマンにはギンガにしかなれない・・・・・・・・・
ウルトラマンになるのに必要なエネルギー・・・・・・「光」が既にギンガスパークで眠っているギンガに根こそぎ侵食されている状態だから他のウルトラマンには変身できないんですかね?
逆にいえば、ギンガがギンガスパークからいなくなる展開になれば、他のウルトラマンが活躍できるということかな?


ギンガ 1-26
ギンガ 1-35
たまたま拾ったブラックキングの人形をリードして怪獣にウルトライブ!
・・・・・・まさか怪獣の巨大化シーンまでやるとは思わなかったよ、しかも初代マンのSEでwww
シュールすぎるわwww


ギンガ 1-47
超合成獣 サンダーダランビア
まさか16年越しにダランビアの新亜種が見れるとは誰が思ったことかwww
既に知っている方も多いと思われますが、このサンダーダランビアの着ぐるみは突然、発見されたダイナのネオダランビアの当時の着ぐるみを改造したものなんですよね。
円谷のスーツの保存力、凄すぎだろwww


ギンガ 1-31
ただ合成獣特有のバリアは今回、使いませんでしたね。
電撃能力に特化した代わりに防御能力がお座なりになった攻撃特化の亜種なのかな?


ギンガ 1-5
タロウ兄さん、役に立ってねー!www
ウルトラ念力が使えるんだから、少しはサポートできるはずなのに!
やはり闇の力で人形になっているから銀河伝説でのハヤタ、ダン、ミライが使った時のような威力を出せないんですかね?
次回以降を見ないと分からないが


ギンガ 1-48
今回、出てくる怪獣や宇宙人の大半は悪の心を持っている人間を介して巨大化するっぽい?(バルキー星人が人間大サイズなのは人間を介してないから?)
シリーズ構成が長谷川さんなのでダブルやフォーゼを思い出す感じですが、ノリはどちらかというとハトプリやドキプリを思い出すよなぁ
ちなみに不法投棄業者の1人を演じているのは仮面ライダーキバで嶋さん役だった金山一彦さんです。


ギンガ 1-27
ブラックキングがヒーロー的ポジになる時が来るとはなぁ・・・・・・・・
本当に人生、分からないもんだねwww


ギンガ 1-49
ギンガ 1-28
ギンガ 1-32
美鈴を守るヒカルの「勇気」に共鳴し、突然、現れるウルトラマンの人形!
そして初めてのウルトラマンへのウルトライブ!


ギンガ 1-6
ギンガ 1-7
ギンガ 1-50
ついにこの地球では初のウルトラマン、ウルトラマンギンガが光臨!
予告のときから印象的だった、シーンが回転しながらの着陸シーンは本当カッコいいよなぁ
ガイアの頃からの進化を感じるシーンでもあります。


ギンガ 1-8
そこから挿入歌「ウルトラマンギンガの歌」が流れながらの戦闘シーン!
ウルトラマンらしい重量感溢れるバトルは見ごたえがありましたねぇ


ギンガ 1-10
今回の必殺技はクリスタルを黄色にして放つ「ギンガサンダーボルト」!
ウルトラマンで純粋な電気技って割と珍しいような
氷や炎とかはあるけど


ギンガ 1-30
ラストまでイチャイチャ
何このリア充END(ぁ

ギンガ 1-51
EDはアイドルグループ?の「超特急」が歌う「Starlight」
凄くジャニーズ臭のする曲でしたねwww


ギンガ 1-52
EDの後はオマケコーナーでスパークドールズ劇場が
やっぱりウルトラゾーンじゃないか!(汗


ギンガ 1-53
タロウ兄さん、完全にギャグ担当やないか!w
本人は真面目なのにこの扱いは可哀想だお・・・・・・
次回以降は活躍できるといいね!



ギンガ 1-54
次回はケムール人も登場するよ!
やっぱりギンガは夜に見栄えがいいよなぁ



では、今日はこの辺で