仮面ライダーウィザードが放送話数が51話以上になるのが確定し、なかなか新ライダーの情報が正式解禁されてませんでしたが・・・・・・・
ついに情報解禁!
平成ライダー第15作目は「仮面ライダー鎧武」!!


鎧武ー5
放送日は10月6日になるようで
とりあえず見た目はかーなーり派手だなぁwwwと
武器のダサかっこよさが逆に清々しいです。(笑
さて、肝心のストーリーですが・・・・・・・・・

鎧武ー6
・紹介
節目となる15作品目を迎えた「平成仮面ライダーシリーズ」はまたも新たな仮面ライダーを 誕生させます。
その名は『仮面ライダーガイム』。
そのスタイルは名前からもわかる通り、戦国武将の鎧武者。
そして、フルーツをモチーフとした錠前=ロックシードを使って変身、 さらにはアームズチェンジしていきます。

今回の『仮面ライダーガイム』の特徴の一つは、主人公の仮面ライダー鎧武/葛葉紘汰(かずらばこうた)
にライバルとなる多数のライダーたちが存在すること。それぞれロックシードで変身、鎧武同様、
フルーツをモチーフとした武器で敵と戦います。

そんな『仮面ライダーガイム』の活躍が描かれる世界は、とある新興都市。巨大企業の “城下町”として経済的に発展してはいるものの、“城下町”ゆえの一種の閉塞感に若者たちはストリートダンスでうっ屈したものを発散しています。
そんな若者たちの間では、ロックシードで 小動物インベスを召喚、戦わせるというゲームが秘密裏に流行。そのインベスはゲーム時に開く「異世界」の扉から現れるのですが、その「異世界」への扉が各地で開き始め、人類を脅かす危機を招くことになります。

「異世界」から現れる怪物とは?そして、その目的とは?
人類の危機に仮面ライダー鎧武/ 葛葉紘汰はどう立ち向かうのか?
そのライバルとなるライダーたちの運命は?
混沌とした現代、自らが信じる正義を貫くために戦う、まさに仮面ライダー戦国時代。

鮮やかなフルーツをモチーフとしたロックシードで変身する重厚感あふれるライダーたちの 戦いが始まります!


・・・・・・・・というものらしいです。
キョウリュウジャーといい、今年の特撮ダンス好きすぎだろwww
「秘密裏のゲーム」というのも気になる単語ですねぇ
なんとなく流れは仮面ライダー龍騎のバトル要素をホップなテイストを加えたものになりそうです。
アームズチェンジはフォーゼでいうモジュールチェンジなのかな?(複数ライダーがいるからフォームチェンジではなさそうだし)

そしてキャスト・スタッフ陣はこちら!!


鎧武-1
仮面ライダー鎧武/葛葉紘汰:佐野岳
仮面ライダーバロン/駆紋戒斗(くもん・かいと):小林豊
仮面ライダー龍玄/呉島光実(くれしま・みつざね):高杉真宙
高司舞:志田友美
呉島貴虎(仮面ライダー斬月に変身):久保田悠来
チャッキー:KANON
リカ:MIINA
ラット:小澤廉
ザック:松田岳
ペコ:百瀬朔
葛葉晶:泉里香
阪東清治郎:弓削智久
錠前ディーラー シド:波岡一喜
DJサガラ:山口智充


鎧武ー3
原作:石ノ森章太郎
脚本:虚淵玄 ほか
監督:田﨑竜太、柴﨑貴行 ほか
プロデュース:佐々木基(テレビ朝日)、武部直美(東映)
制作:テレビ朝日、ADK、東映
主題歌:鎧武乃風(湘南乃風)

キャストについてはよく未知数ですが良く見たら龍騎の吾郎ちゃんがいますね。(カブトでもレギュラーでしたが)
ここでも龍騎要素があるとはwww


まどか 10-5
そして脚本はまさかの虚淵玄さん!!
虚淵さんといえばもちろんあの人気アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」の脚本家として有名です!(他にPSYCHO-PASS サイコパスとかが代表的かな。)
まどマギの叛逆の物語といい今年は虚淵さん活躍しすぎだろうwww
確か、本人も龍騎などが好きらしいんですよね。
まさか本当に仮面ライダーの脚本を書いてくれるとはなぁ


まどか 12-1
まどか☆マギカもかなりシリアスだったので今作もかなりシリアスな作風に期待できそうだなぁ
それこそ龍騎やファイズみたいなテイストかつ、ブレイドのようなバッドエンド風味な終わり方とかがあるような
フルーツという分かりやすくホップな印象を受けるものがキーアイテムだと逆に作風がかーなーりシリアスになるフラグな気がします。(まどか☆マギカもそういう趣向だったし)
プロデューサーもハード展開が多かったオーズやゴーバスターズを担当した武部さんですし



鎧武ー4
規制が厳しい現在、どこまでハードな路線を貫けるかが鎧武が面白くなるか否かのポイントになりそうですね。
何がともあれ虚淵脚本はかなり楽しみだなぁ
久々に初期から多くのライダーがいる作品だし


では、今日はこの辺で