1487415960235
今回はSAOの映画の感想を
映画オリジナルストーリーながらこれまでのSAOの総決算といえる内容でした。
懐かしいキャラも僅かな登場時間ながらも多く登場したし
あと梶浦由記さんの音楽って結構、自己主張が激しいというか聞いてすぐ「この曲、梶浦さんだ!」と分かるよねw





しかし、世間的にはポケモンGO(AR)やFate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライトなどで盛り上がっている最中で、「VR VS AR」というネタをもってくるとは随分、タイムリーなネタを持ってきたなぁ、とw
こうしてみるとSAOって時代を先取りしてたって感じがするよね。

1487432309214
本編の話
ストーリーの話
辛い過去の記憶に囚われ、かつてSAOの犠牲となったユナを生きかえらせようとするユナと一番多く共にいたエイジとユナの父親である重村教授、そして辛い過去の記憶を受け入れ、未来へ進もうとするキリト達の対比が熱かったですね。
オーガストの仕様上、SAOでは珍しく現実世界で奔走するシーンが多かったけどキリトは埼玉県川越市に住んでいるからバイクがあるとはいえ、凄い移動しているよねw
今回で一気に聖地巡礼地が増えた気が


中盤、エイジによってアスナがSAO時代の記憶を失ってしまい、悲しみに暮れるという展開もありましたが、そんなアスナを支え、単身エイジらに立ち向かおうとするキリトがカッコよかったですね。
本当、今作はアスナの魅力が凄い詰まってたなぁ
強いアスナも、ヒロインのアスナ、どっちの側面も十二分に見せてたし



キャラの扱いは一部を除き、大分良かった気が
最初は「身体が重い」とかでVR程の実力を出せなかったのに、スグに剣道をビデオ通話を通して、教えてもらったりしただけで強化されているエイジを追い詰めたり、ボスをほぼ単騎で撃破するキリトのポテンシャルが高すぎて笑ったw 短期間で強化されすぎだろwww
あんまり僕はキリトが「俺TUEEEEEEEE」キャラだと感じない(1期4話ぐらいでしか無双シーンは無かった気が……)のですが、久々に無双しているキリトを見た気がする。
いやぁ、終盤のバトルでのキリトは輝いてた。


SAOⅡ 1-11
ヒロインでは特にアスナとシリカのヒロイン力が凄い上がった気がする。 アスナがちゃんとヒロインしたのも久々だなー(マザーズ・ロザリオ編はヒロインではなく、主人公という立ち位置なので割愛)
でもリーファ(スグ)の出番が極端に少なかったのは何でなんだ。(汗 彼女が何をしたっていうんだw
同じような立ち位置であるシノンは中盤、キリトとの共闘もあったりと見せ場があったのに!
そういえば結局、中盤に出てきた91層のボス(ドラゴン)が最初、ピナの姿を模していたのは何だったんだ?w 単なる別個体って事でいいのかな?


SAO6
バトルシーンはまさにSAOオールスターって感じで熱かったです。
まぁ、なんといっても最大のサプライズはアスナが「マザーズ・ロザリオ」を放つ時に幻影として出現したユウキでしょう。
いやー、まさかユウキの要素まで映画で拾ってくれるとは思わなかった。


ドライブ46-4
個人的には完全に仮面ライダードライブのこのシーンを思い出した。(笑
ユウキ、本当いいヒロインだったよなー
あと何気にスターバーストストリームも久々に使用?
勿論、SAO時代のコスチュームも懐かしかったですね。 やっぱりアスナは血盟騎士団の衣装が一番似合うよねw


最後に「ラース」というワードも登場し、アリシゼーション編のフラグも立ってきましたね。
でもアリシゼーション編はかなり長かったから長期でやらないといけないはずだけどそこら辺はどうなるんだろうなぁ
分割でもいいから4クールぐらいかけてやってくれるといいんだけど



SAO5
というわけでソードアート・オンライン -オーディナルスケール-の感想でした。
いやぁ、ユウキの登場は熱かったなぁ 喋らなかったけどあのシーンは本当感動ものだった。 
久々のSAOの映像作品だったけど本当、バトルシーンを筆頭にの気合の入れっぷりが凄かった。
今後の作品展開も楽しみですね。


※皆さんからのコメントもお待ちしています。
初めてこのブログを見た人も気軽にコメントを残してくれると嬉しいです!!