たけ坊日記@けものフレンズ難民大歓迎

特撮やアニメの感想などを中心に書いています。 新規の人もお気軽にコメントを残してくれると嬉しいです!
特撮:ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊など
最近、ハマったのはウルトラマンオーブ、ウルトラマンX、仮面ライダー鎧武、ウルトラマンギンガ、ハイスクール・フリート -はいふり-、戦姫絶唱シンフォギア、ハナヤマタ、ラブライブ!、ラブライブ!サンシャイン!!、ソードアート・オンライン、結城友奈は勇者である、鷲尾須美は勇者である、乃木若葉は勇者である、きんいろモザイク、ご注文はうさぎですか?、がっこうぐらし!など
ポケモンX・Y、オメガルビー・アルファサファイア、スマブラ、スクフェス、艦隊これくしょん(艦これ)もやっています。

    アニメ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    やっぱり小林靖子さんの脚本はよかったなぁ
    なんというかとてもまとまりのあった映画でした。


    では、感想を



    ・ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH感想
    「はい、手を出してください。 拭きますから。」
    「・・・・・・ありがと。」

    111f5709.jpg



    最初にも書きましたが全体的にガッチリテーマが固まっていて面白かったです。
    ハヤテの意外な過去などが判明したり新キャラが数名登場していたりしていましたがいずれ登場させるんだろうなぁ~
    多分、時系列を見るにアテネはすでにどこかに行ってしまいまだ屋敷には戻れてないようでしたが夏コミではかなり奮闘していたなど色々なことが柿間見えましたね。
    あと絵はコミックス版の雰囲気が出てますね。

    あとOPがなんかどこぞの出来のいいMADみたいな感じになっていたのは笑ったwwww
    でも結構、分かりやすいという。
    何気に2期では顔を全く見せていなかったアーたんが堂々と顔を見せていたのは驚いた。
    26巻でのハヤテと千春のシーンなどがあったりとコミックスを見ていないと分からないネタも多かったです。


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    やっぱりキャラの多さ的に2クールやってほしかった作品だったなぁ、と今さらながら思ったり
    色々、惜しいところもありますが感想を


    DOG DAYS感想
    「シンクが来てくれた時、そしてシンクと一緒にいられた時、私はとても楽しかったです!!」

    まさかのレオン閣下の出番がEDしかないのに絶望した!!
    そこは出そうよ。(汗

    シンクとミルヒの別れはどことなくリリカルなのは1期でのなのはとフェイトの別れを思い出す。
    「しばらくは会えない。」「でもまた必ず会える。」「帰る際に持ち物を渡す。」というのが似てると思う。
    この辺は脚本家が最後はこういう〆がいいということなのかな?


    これだと2期はありそうな感じかなぁ
    その時はぜひ2クールを所望したいですね。
    早くて半年後~1年後あたりかな?



    では、今日はこの辺で

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    凄く、スケールが大きいです・・・・・・・・・・
    一気に3話放送したから色々、収拾しきれない。(汗

    とりあえず感想を

    ●まどか☆マギカ感想
    ・10話感想
    「もう誰にも頼らない。 たとえ永遠の迷路に閉じ込められたとしても・・・・・・・」
    まどか☆マギカ ビギンズナイトっといった感じ
    まどかは妙にハキハキしていたけど魔法少女になって吹っ切れていたからかな?

    久しぶりのマミさんでワキワキしたけどその後はいつもの鬱展開
    いきなり杏子を撃ったマミさんもそうだけどその後、すかさずマミを撃ったまどかも色々、度胸あるなぁ・・・・・・・・・
    しかしホント、ヒーローだな、まどか


    「コネクト」ってほむらの心情を記した曲なのかなぁ。


    11話感想
    「ほむらちゃん、ゴメンね・・・・・・・・・・」
    ほむほむが能力を使うたびまどかの力は大きくなる。 まどかもほむらも運命の糸に縛られているもの同士か・・・・・・・

    ここにきてまどかママがフィーチャーされるとはwww
    そして途中で一緒に話してたメガネの人は誰だったっけ?(ぇ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    春の新作アニメで興味がある作品だったので観てみました。
    「リリカルなのは」の脚本と監督の人もいるので雰囲気もそんな感じ
    ていうか、まどか☆マギカを見ている人にとってはとても安心できる世界観です。
    安心できるなぁ・・・・・・・・

    では、感想を


    ・DOG DAYS感想
    まあ、実にスタンダードな1話
    第1話は世界観をどのように説明するかが重要になってくるしね。
    こういうスタイルのアニメは中盤から盛り上がる傾向があるのでね。(ISはシャルが加入した頃から色々、ヒートアップしたし なのははフェイトが登場してからバトル描写が多くなって熱くなってきたし)

    とりあえずメインの人物の紹介を

    ◆シンク
    「俺はシンク! シンク・イズミ!! セブンの息子だ!!!」←実際はこんなことは言いません。
    中の人はウルトラマンゼロで御馴染みの宮野真守さん
    ポケモンだとデントで有名ですかね。
    勇者みたいですが、なんというか・・・・・・・、適応力タケーナ、おい。(ぁ
    この適応力はなんというか、とりあえずはなのはポジですかね。 
    運動が得意というわけで次回以降の活躍に期待


    ◆ミルヒ
    「勇者様を召喚します。」
    今作のメインヒロイン 
    CVは堀江由衣、「ひぐらしの鳴く頃に」で羽入を演じてましたね。
    どうやら姫のようでなのはに出てくるような魔法陣も出してましたが戦闘能力があるかどうかは不明
    なのはシリーズでは恋愛要素はあまりなかったけどこの作品ではどうなんだろうなぁ
    EDも歌っているようです。


    ◆エクノール
    戦においてはアタッカーポジションの少女みたい
    中の人は「けいおん!」シリーズのあずにゃんで有名な竹達彩奈さん
    まだ会話シーンとかが少ないのでよく性格は分からないけど今後、掘り下げられそうです。


    ◆リコッタ
    ポジションは研究士
    中の人は「なのはシリーズ」のフェイト、そしてキュアブロッサム、花咲つぼみを演じる水樹奈々さん
    今年はポケモンの映画にも出てくれるようなので楽しみです。
    OPも歌ってくれているとは!!
    果たしてどのように物語に関わってくるのか楽しみです。



    世界観は色々と平和な感じ、戦といっても人殺しとかではないし
    まどマギと比べるのは変だと思うけど、謎の安心感があるなぁ(ぁ

    敵国のガレット軍のキャラにはキュアメロディや若本がいました。
    ていうか若本さんは一発で分かったぞwww

    調べたら日笠陽子さんや丹下桜さん、寿美奈子さん、小野大輔さんなど有名どころの声優さんも多数参加しているようなので楽しみです。


    最終的には両国が和解する展開がありそうなのは気にするな!!



    では、今日はこの辺で

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    昨日はレッツゴー仮面ライダーの感想を書いたからすっかり遅くなっちゃった。
    というわけでついにインフィニット・ストラトス最終回!!
    感想を早速


    ・IS感想
    なんというか終わった感じがしないなー、というのが最初の印象
    オチも追い回されるものだったし2期はあるのかな?
    やっぱり「続きがありますよ」的な感じはありましたね。


    内容を言わせてもらうと本当に王道でベタですね。
    でも、ダブル好きでもある俺にとってはやはり「ベタこそが一番最高」と思っているのでね。
    やはり作り手がその作品を愛していればどんなにベタでも神作になると考えているので


    作品を盛り上げてくれたのはなんといってもシャル!!
    メインヒロインの中ではあとのほうに登場したほうだけど6話で一気に引き込まれましたね。
    ヤバイよ、可愛いよ、ホントに


    最後にメインヒロインが最強クラスのISを持つという展開はカブトでいうガタックを思い出させますね。
    それまではホント、目立たなかったからな箒・・・・・・・



    ちなみに僕は小説も買っているのですがこちらもなかなか面白いです!!
    アニメでは映像化されなかった部分には各ヒロインのバックボーンも描かれているので補完という意味でもお勧めです。



    2期もあったらぜひ見てみたいなぁ
    では、今日はこの辺で

    このページのトップヘ