たけ坊日記@FGOやってます。

特撮やアニメの感想などを中心に書いています。 新規の人もお気軽にコメントを残してくれると嬉しいです!
最近、ハマったのはFGOなどFateシリーズ、仮面ライダーエグゼイド、ウルトラマンジード、、ラブライブ!シリーズ、ソードアート・オンライン、結城友奈は勇者である など

    仮面ライダーエグゼイド

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    エグゼイド9
    本日より仮面ライダーライダーパラドクスwith仮面ライダーポッピーが公開
    先行上映会で見て来てるのでその時の感想を

    エグゼイド36
    冬映画では変身せずに出番が終わったパラド、ポッピーが久々に変身し、戦う作品となっております。
    バカンスを楽しんだり、全裸になってる檀黎斗神が出てきたりと今回の三部作では一番、コメディチックな描写が多い章ではあるけど、一番小ネタが面白い作品だったかと

    【仮面ライダーエグゼイド トリロジー 仮面ライダーパラドクスwith仮面ライダーポッピー 感想(アナザーパラドクス 登場)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    エグゼイド8
    今回はついに上映された「仮面ライダーブレイブ&スナイプ」の感想を
    先行上映を見てきたので、感想を書いていこうと思います。


    エグゼイド6
    なお先行上映では3作全部、見れたので今回はパラドクスwithポッピー、ゲンムVSレーザーの出来事も踏まえた感想となっております。(この2作に関しては、物語の本筋には触れない程度にしか触れませんが)
    今作は3作とも高橋さんが脚本を担当している事もあって、安定のクオリティ
    3作ともTV本編、平成ジェネレーションズ(パックマンの方)、ブルーレイ特典の「仮面ライダースナイプ」、そしてハイパーバトルビデオ「仮面ライダーパラドクス」などの作品とガッツリと補完・リンクしている作品なのでまさに「仮面ライダーエグゼイドを見てきた人々に対するご褒美のような作品」になっているのが最高でしたね。
    ギャグとシリアスのバランスも丁度良かったですし

    アマゾンズ10
    しかもアマゾンズの映画の脚本も高橋悠也さんらしいですからね!
    平成ジェネレーションズ2作ではレジェンドライダーパート(パンフレットによれば平ジェネFINALのレジェンドパートは全部高橋さんのようだし)も担当している上にどのキャラも魅力的に描かれていたし、今まで関わってないアマゾンズの事もちゃんと勉強した上で脚本を書いてくれると信じているから、米村みたいな半端で醜悪で作品愛のない仕事をする人では無さそうで安心ですね。(小林さんも監修にいてくれるし)
    少なくとも春映画みたいな「アマゾンの体力は1万!」だったり、初登場だったアマゾンネオがカマセになるみたいな酷い展開にはならなそう。
    監督は巨匠だし、ギャグを抜いた仮面ライダー剣 MISSING ACEみたいな作品になる事に期待

    【仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング 仮面ライダーブレイブ&仮面ライダースナイプ 感想】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ビルド38
    今回は平ジェネFINALの感想を
    まぁ、約束された神作だった。(笑
    まぁ、あれだけのオリキャスを揃えてくれたスタッフ陣には感謝しか無いですね。
    宣伝動画も多く作られていたし、いかに気合を入れて制作されていた事も十分に伝わってたし、それに見合うクオリティだったのも最高だった。


    アマゾンズ1




    そして、待望のアマゾンズ映画化ですね!!
    これがマジで春映画枠だとしたら今回の春は3号のブレイド勢、大戦Zの宇宙刑事勢、超スーパーヒーロー大戦の北岡先生、初代スパヒロ大戦のヒーロー全般みたいに米村によって過去キャラを汚されて犠牲者になる事は無くて済むという事でいいのかな!?w
    まぁ、まだ確定ではありませんし、何よりアマゾンズ映画の脚本を米村が書いて小林靖子さんやキャストが2年以上かけて丁寧に積み上げてきた悠や仁さんみたいな名キャラ達をを超スパヒロ大戦の時みたいに汚される可能性は十分にあるからなぁ




    もしくは1号みたいに子供を呼び込む為にビルドを客演させて世界観とかを台無しにしてしまう可能性もあるわけで
    しっかりアマゾンズのリアリティ溢れる、シリアスな世界観を尊重して「客演なしで脚本はメインライターの小林靖子さんが手がけた不純物が一切ない純粋でファンが最も望んでいるアマゾンズ映画」を見られるかどうか今から不安である。(笑 監督は巨匠か田崎監督辺りが適任だと思うけどどうなるんだろ


    アマゾンズ13-8
    どっちにしても千翼やイユは出演は難しそうかなー(万丈は少しだけなら出れる?)
    マモルや七羽さん、加納さんみたいなシーズン1からのレギュラーキャラは回想とかで出番ありそう。
    駆除班の皆は勿論、黒崎さん辺りのキャラも出てくるのかなー?

    【仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー 感想(オーズ愛溢れる内容だった)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    エグゼイド45-36
    本日は仮面ライダーエグゼイドの感想を
    結論を言うと「医療の未来を作りながら病気と半永久的に闘い続ける」というオチになったのが最高に良かったです。
    良かった…… 「消滅したけど、あっさり復活しました!!」みたいなオチにならなくて(笑
    この辺りのちゃんとした決着はVシネマでやってくれるのかな?
    あとトゥルーエンディングが最終回後の話というのもようやく公式でアナウンスされましたね。


    エグゼイド45-1
    平成2期だと鎧武とかが好きな人ですが、個人的には鎧武越えをした作品だったなー、と>エグゼイド
    どっちも中盤以降、高いテンションを維持し続けた作品ではあったけど、やはり鎧武は変なコラボ回(しかも本筋が進まない)が多かったり、夏映画のクオリティの差が決定的だったと思うw(あとはサブライダーの扱いも大きいかと)
    まぁ、春映画は鎧武の方が好みだけど

    【仮面ライダーエグゼイド 最終回 感想(Vシネ3部作、発売決定)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    エグゼイド44-1
    今回はエグゼイドの感想を
    「レベルを上げて脳死パワープレイ」というスタンスが多かった所にレベル1で攻略する展開を入れたのは「ゲームは考え、攻略するものだ」というメッセージ性を感じましたね。
    でも、分離できる能力持ちとはいえ、レベル1のスペックは然程高くないのによく善戦できたよなぁw やはり特攻のバフが付いていたのだろうかw


    エグゼイド44-8
    レベル1の姿でもエナジーアイテムを駆使して、上手く立ち回るレーザーとか、ゲームの世界の住人とはいえ、久々にコンビで戦うエグゼイドとレーザー レベル2の雄姿とかやりようは幾らでもあったのに!!
    確か4話を見る限り、レーザーのレベル2は操縦者がいないと本来の馬力が出せないだけで自力で戦えたはずだし、映画ならではの「CGなどを駆使して、レベル2の状態で暴れるレーザー」とかを出せるチャンスだったのになぁ……







    ついでに最近、音沙汰なかったキュウレンジャーの感想を
    でも過去組と現在組が分かれて行動するというのは面白いやり方だとは思うけど、何とかして「12人全員だと話を作るのが難しいから、何とかして分散させよう」という裏事情が透けて見えるのが辛いw
    特撮は役者の負担が凄そうだし、これである程度は負担の軽減にはなっているんですかね?(キュウレンジャーは特にネットムービーやOVもあって大変そうだし)

    キュウレン23-4
    ナーガ関連のストーリーは序盤から続いていただけにようやく来たって感じだけど役者の演技が凄い檀黎斗神っぽかったのが気になるw 感情が出たってレベルじゃないぞ!(笑
    この手の味方サイドが裏切り展開含め、足を引っ張るというか内輪揉めの話は個人的にはキャラに感情移入できるかとか、行動理念が理にかなっているかで結構好き嫌いが分かれるんだけど、エグゼイドもキュウレンジャーもその辺りはしっかりしてるよね。
    まぁ、そういう事がロクに出来てない作品が「駄作」なんだけどw

    【仮面ライダーエグゼイド 44話 感想(レベル1、再登場)】の続きを読む

    このページのトップヘ