たけ坊日記@ヘブンズフィールを見て来ました。

特撮やアニメの感想などを中心に書いています。 新規の人もお気軽にコメントを残してくれると嬉しいです!
最近、ハマったのはFGOなどFateシリーズ、仮面ライダーエグゼイド、ウルトラマンジード、、ラブライブ!シリーズ、ソードアート・オンライン、結城友奈は勇者である など

    特撮

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    今回はウルトラマンジードの感想を
    7話はドラマが濃密でしたね! いやぁ、引き込まれる面白さだった。


    5話はエグゼイドの感想と一緒に書いたので、今回は6話と7話の感想を同時に
    急いで消化しないとなー



    【ウルトラマンジード 7話まで 感想(ギャラクトロン 再登場)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    エグゼイド44-1
    今回はエグゼイドの感想を
    「レベルを上げて脳死パワープレイ」というスタンスが多かった所にレベル1で攻略する展開を入れたのは「ゲームは考え、攻略するものだ」というメッセージ性を感じましたね。
    でも、分離できる能力持ちとはいえ、レベル1のスペックは然程高くないのによく善戦できたよなぁw やはり特攻のバフが付いていたのだろうかw


    エグゼイド44-8
    レベル1の姿でもエナジーアイテムを駆使して、上手く立ち回るレーザーとか、ゲームの世界の住人とはいえ、久々にコンビで戦うエグゼイドとレーザー レベル2の雄姿とかやりようは幾らでもあったのに!!
    確か4話を見る限り、レーザーのレベル2は操縦者がいないと本来の馬力が出せないだけで自力で戦えたはずだし、映画ならではの「CGなどを駆使して、レベル2の状態で暴れるレーザー」とかを出せるチャンスだったのになぁ……







    ついでに最近、音沙汰なかったキュウレンジャーの感想を
    でも過去組と現在組が分かれて行動するというのは面白いやり方だとは思うけど、何とかして「12人全員だと話を作るのが難しいから、何とかして分散させよう」という裏事情が透けて見えるのが辛いw
    特撮は役者の負担が凄そうだし、これである程度は負担の軽減にはなっているんですかね?(キュウレンジャーは特にネットムービーやOVもあって大変そうだし)

    キュウレン23-4
    ナーガ関連のストーリーは序盤から続いていただけにようやく来たって感じだけど役者の演技が凄い檀黎斗神っぽかったのが気になるw 感情が出たってレベルじゃないぞ!(笑
    この手の味方サイドが裏切り展開含め、足を引っ張るというか内輪揉めの話は個人的にはキャラに感情移入できるかとか、行動理念が理にかなっているかで結構好き嫌いが分かれるんだけど、エグゼイドもキュウレンジャーもその辺りはしっかりしてるよね。
    まぁ、そういう事がロクに出来てない作品が「駄作」なんだけどw

    【仮面ライダーエグゼイド 44話 感想(レベル1、再登場)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    エグゼイド43-7
    今回はエグゼイドの感想を
    今週はお盆なので短めですがw


    エグゼイド43-5
    正直ここ最近、
    1.正宗が何か悪だくみする。
    2.黎斗神が何とかする。
    3.永夢達がカッコよく必殺技を決める。
    4.1に戻る

    の繰り返しな気がしなくもないけど、それでも不評が皆無なのはやっぱりメインキャラのドラマが濃密なのと檀黎斗神のギャグが秀逸だからなのかもなー
    あと、正宗はいい加減、神の才能を認めろよwww

    【仮面ライダーエグゼイド 43話 感想(大我、クロノスに変身)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    エグゼイド42-10
    今回は特撮の感想を
    リアルが忙しいのでついに特撮は一括りで纏める事にしました。(笑
    今週だけに出来ればいいけど今年以降は忙しくなるからなぁ
    今後は特撮よりもアニメ・ゲームの方に注力したいし









    あと「あるある晩餐会」もやってましたが、やっぱり昭和の人には平成の良さが伝わらないものなんですかね?
    昭和と比べれば、撮影のハードさは減ったんだろうけど、それは技術やスタッフの手腕の進歩といえるし、CGとかがあるから表現の幅が広がったわけだし(そもそも昭和の頃とは違ってOVや映画とかも多いから昭和よりもハードな環境になっているのでは…… 役者のインタビューの仕事とかも増えてそうだし)
    今回の件に関わらず、アニメも特撮も老害が「今のアニメや特撮は昔と比べて~」と言われて、一部のオタク達の中でだけ盛り上がるだけで終わって不遇にされるのは酷い話だよね。 エグゼイドや電王、けものフレンズ、ガルパン、ラブライブ!みたいなヒット作もその類だし
    多分、いつになっても新世代アニメや特撮は評価されないんだろうなー 今のアニメや特撮が老害や懐古厨のせいでガンダムやドラえもん、初代仮面ライダーみたいな一般人にも認知される大々的なヒットが無い事を考えると


    【仮面ライダーエグゼイド 42話など 感想(ゲムデウス 登場)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    エグゼイド41-10
    本日はエグゼイドの感想を
    いよいよ大詰めって感じですね。
    パラドと融合してからのマイティブラザーズやそこからのダブルレベル99揃い踏みも熱かったし

    エグゼイド41-1
    しかし

    タドルレガシー入手 → 34話
    黎斗のライフ → 34話で残り94
    ハイパームテキ完成 → 35話
    プロトガシャット全て奪取 → 36話

    ……と、これまでの話を考えると、リセットで34話までガシャットの所持状況が遡ったって事なのかな?
    映画も本日、見に行ってきます。(後ほど、ブログやTwitterで感想を書きます)


    ビルド1
    そして「仮面ライダービルド」の情報も解禁されましたね。
    ダブルみたいな見た目で今まで平成ライダーを見てきた人間からするとかなりカッコいいデザインですよね。
    結構、ネットを見ても叩いている人も少ないし、これは懐古厨もニッコリのデザインなんですかね? エグゼイドは強烈なデザインだったというのも大きいけど
    アマゾンズの長瀬がレギュラーで出てくるなど、早速話題性も高い今作ですがどうなるのか……
    脚本家が一般ドラマ出身の人なので販促などに振り回されて、迷走しないかが心配であるw

    【仮面ライダーエグゼイド 41話 感想(グラファイト 退場)】の続きを読む

    このページのトップヘ