たけ坊日記@平ジェネFINALを見て来ました。

特撮やアニメの感想などを中心に書いています。 新規の人もお気軽にコメントを残してくれると嬉しいです!
最近、ハマったのはFGOなどFateシリーズ、仮面ライダーエグゼイド、ウルトラマンジード、、ラブライブ!シリーズ、ソードアート・オンライン、結城友奈は勇者である など

    鷲尾須美は勇者である

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ゴジラ34
    今回はアニゴジの感想などもやっていきます。


    ゴジラ31
    アニゴジ、見ましたが安定の虚淵脚本という感じで非常に面白かったです。
    まぁ、思っていたよりも王道というか鎧武の時のような結構、王道な燃え展開が多くて、終盤の戦闘シーンは非常に派手で盛り上がったなー、と
    シン・ゴジラの時もそうだったけど、最近のゴジラ映画の人間は周りのものを壊してゴジラの動きを止める戦法、好きだよね。(笑

    【GODZILLA 怪獣惑星 感想(ゴジラ、ゴジラ・フィリウス、セルヴァム、カマキラスなど 登場)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ジード16-8
    今回は「ウルトラマンジード」などの感想を
    ついにベリアルが降臨!!
    まさかゼロとベリアルが市街地で戦う時が来るとは、銀河伝説を見てた時は考えもしなかったなぁ


    ジード16-12
    あの2人が人気を得たからこそ、こういうのも可能になったわけだし、本当に感慨深いなー メジャーなヒーロー・怪獣ばかりが目立つ巨影都市でも出演してるぐらいだし、やはり人気高いんだろうね。

    【ウルトラマンジード 16話 感想(キメラべロス、ゴドラ星人、ウルトラマンベリアル 登場)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    1499488874782
    今回は鷲尾須美の章の感想を
    予想はしてましたが想像以上に暗い話……というか心が抉る展開のオンパレードでまさに結城友奈の章でいうところの8話以降の展開に通ずるものがあったかと
    そして恐ろしいのはこれでもまだ「乃木若葉の章」と比べればまだマシという事実……





    本当、「勇者である」シリーズは容赦ないなぁ
    まぁ、日常シーンの尊さと妥協しないシリアスっぷりや心を抉る展開こそが勇者であるシリーズの真骨頂なわけだから当然なんだけど


    アマゾンズといい、近年の大人向けの作品は「子供が大人の都合で酷い目に遭っていく作品は名作」という法則が出来上がっている気がする……!!
    この流れ、続いていくといいなー この手の話は嫌いじゃないので

    【結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章- 第3章「やくそく」感想(結城友奈 登場)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    結城20
    ついに「結城友奈は勇者である 花結いのきらめき」が配信!
    僕もようやくアプリをダウンロードできたので早速、感想を
    正直、シノアリスがメンテ祭りだったり、マギアレコードが延期したりとここ最近のアプリはスタートにしくじる事が多いので心配だったのですが、無事配信されて良かったw


    結城26
    フレンド募集も受付中です。
    ストーリーの方はまだ2章が終わって、結城友奈の章の前までしかやってませんが何とかストーリーも早く進めたいですね。 今後、イベントも配信されると思いますし
    7月には「鷲尾須美の章」関連のイベントをやってほしいなー

    【結城友奈は勇者である 花結いのきらめき 感想】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    1492262593680
    本日は「結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-」の感想を
    銀……
    まぁ、分かってはいたけど、花守ゆみりさんの演技力も相まってより魅力的なキャラになってましたね。






    しかし、本編3話に該当する日常パートが「園子の夢」を筆頭にかなりアニオリ要素が加えられていた上にかなり濃いギャグパートだったのは衝撃だったw
    戦闘シーンでの流血描写も原作以上にエグいものになってたし、本当に映像化された事でより弾けている感じがした。
    あと変身バンクが若干、アレンジが加えられてましたね。
    【結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章- 第2章「たましい」感想(国防仮面 登場、三ノ輪銀 死亡)】の続きを読む

    このページのトップヘ