たけ坊日記@ラブライバー大歓迎

特撮やアニメの感想などを中心に書いています。 新規の人もお気軽にコメントを残してくれると嬉しいです!
特撮:ウルトラマン、仮面ライダー、スーパー戦隊など
最近、ハマったのはウルトラマンオーブ、ウルトラマンX、仮面ライダー鎧武、ウルトラマンギンガ、ハイスクール・フリート -はいふり-、戦姫絶唱シンフォギア、ハナヤマタ、ラブライブ!、ラブライブ!サンシャイン!!、ソードアート・オンライン、結城友奈は勇者である、鷲尾須美は勇者である、乃木若葉は勇者である、きんいろモザイク、ご注文はうさぎですか?、がっこうぐらし!など
ポケモンX・Y、オメガルビー・アルファサファイア、スマブラ、スクフェス、艦隊これくしょん(艦これ)もやっています。

    OV

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ハート32
    今回は「ドライブサーガ 仮面ライダーマッハ/仮面ライダーハート 」の感想
    ハート編は「いつもの仮面ライダードライブ」って感じのテイストでしたが、マッハ編はマッハサーガと同じく割とシリアス要素が強く結構、楽しめました。
    てか、005がしつこすぎるw


    マッハ1
    まぁ、完全に小説を読んでいる事が前提だったなぁ、と
    剛と狩野、剛と令子の関係性についてはマッハサーガを読んでないと多分、理解できないかと
    サラッと霧子が進ノ介を名前で呼んでいるけど、それも小説が初だし

    【ドライブサーガ 仮面ライダーマッハ/仮面ライダーハート 感想 (タイプスピードワイルドテクニック、仮面ライダーマッハチェイサー、仮面ライダーハート 登場)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ニンニン46
    本日は帰ってきたニンニンジャーの感想を
    秋以降、単独メイン回に恵まれなかった風花が事実上の主人公であり、前作の行って帰ってきたトッキュウジャーに引き続きニンニンジャーを見てきた人にとってはご褒美といえる内容
    バトルにおけるサプライズもかなり多くて満足


    ニンニン38





    何というかキョウリュウジャー以前の帰ってきたシリーズで頻繁だったコスプレしたり、変なハジけ方をする「その戦隊の役者のファンへのサービス」と去年の『行って帰ってきたトッキュウジャー』みたいな後日談的な要素を取り入れた真の意味での「ニンニンジャーのファンに向けた作品」という2つの要素がうまく融合された作品と思えた。
    昨年に引き続き、理想的な「帰ってきた」シリーズだったなー、と
    取り敢えずニンニンジャーを客演映画も含めて全部見てて良かったと心から思えた作品でした。

    【帰ってきた手裏剣戦隊ニンニンジャー ニンニンガールズVSボーイズ FINAL WARS 感想(シュリケンジンダイノ、ミドニンジャー 登場)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ドライブ68
    今回は昨日発売された「ドライブサーガ 仮面ライダーチェイサー」の感想を
    ついに今作の人気キャラであるチェイスの主演作品が登場です。
    「OVだからギャグは控えめだろうな」と思ってたら、いつも通りの仮面ライダードライブのノリだった。(笑


    ドライブ56
    まぁ、この手のOVとしてはまぁ、そこそこの出来だったかと
    ドライブファンなら一度は見ておいた方が良い作品だったかと

    【ドライブサーガ 仮面ライダーチェイサー 感想(照井竜/仮面ライダーアクセル 客演、超魔進チェイサー 登場)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


    というわけで昨日からゴーストのネットムービー・ダブル編が配信されましたね。
    いやー、毛利さんらしいファンサービスが利いてる台詞が多い特撮ファン納得の出来でしたね。

    ゴースト2-19
    相変わらず「この町を泣かせる奴は俺が許さない!」みたいな台詞が唐突すぎて笑うがw
    あとお願いですから、もう少し尺を増やしてください。(笑


    ライダー3
    そういえば映画「仮面ライダー1号」、まさかの井上脚本らしいですねw(藤岡弘、さんも協力しているらしいですが)
    確かに父親が伊上さん(初代仮面ライダーの脚本担当)だし、納得の人選なのかもしれない。
    何だかんだで「改造人間………というか辛い宿命を背負わされたキャラの魅せ方」には定評がある(ファイズの木場さんとか)から期待したいですね。
    龍騎のインペラ―関連のエピソードとか、ゴーカイジャーのジェットマン回とかも好きだし
    唯一の問題は監督が映画ではあまり評価の高くない金田監督である所か………




    取り敢えずストーリーが割とマトモっぽいので今の所は安心できますね。(笑
    凄い王道で驚きなんですが、逆に裏が怖いですねw(実はこの新たなデザインの1号は敵が化けた偽物だった!みたいなオチとか有り得そうで怖いw)
    しかし、ようやく特撮ファンは米村脚本の呪縛から解放されるのか…………良かった良かった。


    ゴースト8
    あとMステにもゴーストとスペクターが出てましたね。
    μ’sも去年、『KiRa-KiRa Sensation!』を歌ってましたが、やっぱりアレよりも優遇されている感じありましたねw
    やはりライダーはMステと同局だし、子供人気もあるから優遇されやすいかー(微妙に間奏や一部の歌詞はカットされてたけど)
    むしろμ'sの場合は「深夜アニメだから」という理由でああいう雑な扱いだったのかもしれないから今回の扱いが普通なのかもしれない。(汗






    深夜アニメといえば、僕は見てなかったのですがTwitterによるとアウトデラックスでガルパン好きである蝶野さん(とガルパン)がかなり貶されていたというか、晒し者にされていたみたいですね。
    これが非オタのする事か……!!

    【仮面ライダーゴースト 伝説! ライダーの魂! 第2章「ダブル編」 感想(ダブル魂 登場)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ゴースト1-9
    今回は仮面ライダーゴーストのネットムービー枠である「伝説! ライダーの魂!」の感想です。
    ようやくネットムービーとして無料で配信するのは嬉しいですね。
    まぁ、今まで「Blu-ray COLLECTIONの映像特典」、「dビデオでの配信」という子供泣かせのエグい商法ばかりやっていたのが可笑しいのですが(汗
    特に前作のドライブはルパンや特状課結成の事とかも含め、本編の根幹にかかわるエピソードを外伝枠でやったせいで全てを網羅するのは難しい作品になったから案外、反感も多かったのかもしれませんね。
    ようやく視聴者の懐に優しい魅せ方をやったかー(今回のネットムービーは番外編要素が強いけど)


    ゴースト1-28
    ゴーストのフォームチェンジで変更する部分が頭部と腕部分ぐらいしかないからこそ出来た企画なんだろうなぁ
    最終回辺りの時期が春映画と被るんだけど、何らかの形でリンクするのかな?
    尺は1本7分でストーリーもまだ分からない部分が多いけど、結構期待できますね。


    スタッフは「仮面ライダー4号」や「トッキュウジャーVS仮面ライダー鎧武」など様々なクロスオーバー作品で功績を残している毛利さん
    監督は平成ライダーのクロスオーバー要素があるエピソードとしては破格のクオリティだった「仮面ライダーウィザード」の特別編を担当した巨匠こと石田監督が担当しています。
    このスタッフで春映画をやれば神映画になりそうなのに(笑
    巨匠はギャグ演出も多いけど、シリアスなシーンとかではとことん印象的なシーンを撮るからなぁ(あと夕焼けが映えるシーンをよく撮るイメージがある)

    【仮面ライダーゴースト 伝説!ライダーの魂! 第1章「ドライブ編」 感想】の続きを読む

    このページのトップヘ